2022年 10月 6日 (木)

年収1400万円夫、年収900万円妻に「グータラ仕事しないで、もっと稼いで!」と投稿、炎上! 妻がダラけて見える理由は?...専門家に聞いた(1)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   年収1400万円の夫が、パートだが年収900万円も稼ぐ妻に対し、「グータラしないでフルタイムできちんと働き、もっと稼いでほしい」と望む投稿が炎上状態だ。

   妻は本人にしかできない「特殊な仕事」を在宅でこなしているが、ハンモックで寝たり、ネットサーフィンをしたり、1日に実質2時間しか「仕事」をしない。夫からは怠けて見えて仕方がないが、妻自身は「私はだらけるのが好き。そのため最大限の努力をしている」とすれ違いだ。

   この夫の投稿には「夫婦で年収2300万円の収入があれば十分!」「奥さんのメンタル面も考えてあげて!」と厳しい批判が相次いでいる。一方、夫婦には幼稚園児が2人おり、夫は「自分も家事育児を分担している」と反論。

   人間はいくら収入があれば満足できるのか。夫婦の共働きのあり方も含めて、専門家に意見を聞いた。

  • 在宅ワークでラクをしているわけではない!(写真はイメージ)
    在宅ワークでラクをしているわけではない!(写真はイメージ)
  • 在宅ワークでラクをしているわけではない!(写真はイメージ)

「ネット動画やハンモックで寝て、だらけている」

   話題になっているのは女性向けサイト「発言小町」(2022年7月26日付)に載った「妻にもっと働いて欲しい」というタイトルの男性からの投稿だ。

   夫婦には幼稚園児が2人おり、正規雇用の夫がパート勤務の妻にフルタイムで働くよう望むといった内容だ。

「夫34歳、年収1400万円程度、出来高制のため変動あり。8時に家を出て子供を幼稚園に送り、17時一旦帰宅、子供が寝た後1~2時間働きます。妻35歳、年収900万円程度、固定。15時過ぎに子供を迎えに行きます。子供の幼稚園の休園や病気などの場合は100%対応してくれます。家事は70%」

   そして、こう切り出した。

「問題は妻の勤務時間です。パートタイム契約で、便宜上週30時間の契約になっているのですが、在宅ワークで実際仕事をしているのは平均して(1日に)2時間程度(中略)。
少し特殊な仕事で、できる人があまりいません。私としてはそんなに時間に余裕があるなら、せめてフルタイム勤務になれば年収25%上がるのにと思うのですが、本人はフルタイムになれば今までのように子供が病気の時などに対応しにくくなる、家事を外注しなくてはいけなくなる、と言います。
(中略)ですが、家の買い替えや色々と物入りなので少しでも世帯年収を増やしたいと考えています。どう説得すればよいかお知恵をお貸しください」

   と訴えるのだった。

なぜ妻はフルタイムで働いてくれないのかと悩む夫(写真はイメージ)
なぜ妻はフルタイムで働いてくれないのかと悩む夫(写真はイメージ)

   この投稿に対し、「夫婦で年収2300万円あれば十分ではないか」「もっと家事育児を手伝いなさい!」という批判的な意見が殺到すると、夫は「本音」と「家事分担率」を書いた反論の投稿を再び送ってきた。こんな内容だ。

「妻はだらけているように見える、というのが本音です。在宅だからと家にいる時は着替えもせず、部屋も最低限しか片付いていません。洗濯物も干し忘れていることもたまにあり、私が帰宅後それに気付いて一緒に干す事も。(中略)どうもネットで動画など見ている時間も少なくないようです。
これに関しては妻も昔、『私はダラダラする時間が好きだから、その時間を確保するための最大の努力をしてきた』と言っているのであながち間違っていないと思います」

   と書き、「妻は30分ほどパソコンを触ったかと思えば、2時間ほど置き型ハンモックで携帯をいじって」いるとも付け加えた。

   家事育児の分担については、「たくさんの方に家事育児負担割合を疑問視されたので、ここに具体的に記します」として、

「朝子供の着替え50%(妻が起きられない日が週の半分以上)
自分と子供の朝食の用意(シリアル、妻は朝食べず)
子供の歯磨き50%(1人ずつ)
幼稚園の持ち物用意50%(妻がアレが必要と言って、私が用意)
食洗機の片付け50%(平日2日程度プラス週末)
.........」

   などと10数項目にわたって列挙したのだった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中