2024年 2月 23日 (金)

副業・兼業どれくらいの人がしているのか?...調査で判明 そして、どんな仕事を何のために?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   副業や兼業をしている人はどのくらいいるのか、実際にどのような仕事をしているのか――。

   LINEが運営するスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」では、こんな疑問に答える調査をおこなった。調査結果は2022年8月30日の発表だ。

   調査結果から明らかになった副業・兼業をする理由のトップは、やっぱり......。

  • 副業や兼業の意向は?(写真はイメージ)
    副業や兼業の意向は?(写真はイメージ)
  • 副業や兼業の意向は?(写真はイメージ)

「いまはしていないが、いつかはしたい」38%

   今回の調査では、18歳~59歳の男女の経営者、会社員、公務員、自営業、自由業、パート・アルバイトの方を対象とした。まずは、勤務先から副業/兼業(本業以外の仕事、複数の仕事で収入を得ること)を許可されているかどうか聞いた。

   それによると、全体では「許可されていない」が最も高く40%だった。これに対して、「全面的に許可されている」「条件付きで許可されている」はそれぞれ20%という結果に。

   また、業種別の傾向をみると、「全面的に許可されている」は【飲食サービス】がとくに高く49%。次いで、【小売】が27%、【物流/倉庫】が26%だった。そして、「条件付きで許可されている」のは【IT/通信/ソフトウェア】が32%、【金融/保険】で27%。

   一方で、「許可されていない」のは、【金融/保険】が最も高く54%だった。そのほか、【運輸/交通】が49%、【商社/卸売】が49%、【教育/学習支援】が49%、【製造/メーカー】が47%となっている=図表1参照

(図表1)勤務先では、副業/兼業は許可されているか?(LINEリサーチの作成)
(図表1)勤務先では、副業/兼業は許可されているか?(LINEリサーチの作成)

   つづいて調査では、副業や兼業をしているか、または、したいという意向はあるかも聞いた。それによると、全体では「いまはしていないが、いつかはしたい」が38%と最多だった。次いで、「いましておらず、今後もしたいと思わない」が33%。つづいて、「している」が12%、「いまはしていないが、近いうちにしたい」」が11%という結果だった。

   LINEリサーチでは「女性は『いましておらず、今後もしたいと思わない』という割合が男性に比べて高く、男性は『いまはしていないが、近いうちにしたい』が女性に比べてやや高い傾向にありました」とコメントしている。

   また、年代別でみると、20代以下と30代では、「いまはしていないが、いつかはしたい」が全体よりは高く40%を超えている。しかも、「いまはしていないが、いつかはしたい」と「いまはしていないが、近いうちにしたい」を合わせると50%を超え、副業や兼業への意向が他の世代よりはやや高いようだ=図表2参照

(図表2)副業/兼業をしているか?(LINEリサーチの作成)
(図表2)副業/兼業をしているか?(LINEリサーチの作成)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中