携帯電話の契約...オンラインが4人に1人って多い?少ない? 「ショップ派」「オンライン派」それぞれのメリット、デメリットは?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「やっぱりお店の人の丁寧な説明を受けたい」「安い、簡単、待ち時間なしの3拍子でお得」

   2021年3月にNTTドコモの「ahamo(アハモ)」、KDDI(au)の「povo(ポヴォ)」、ソフトバンクの「LINEMO(ラインモ)」と、携帯電話大手3社が鳴り物入りでオンライン専用の料金プランを始めて1年半がたった。

   では、いったいどれだけオンラインで申し込む人がいるのだろうか。モバイル市場専門の調査会社「MMD研究所」(東京都港区)が2022年8月31日、「通信契約のチャネル別調査」を発表した。

   それによると、「オンライン派」は4人に1人だ。これは、多いのか、少ないのか? また、「携帯ショップ派」と比べたメリット、デメリットとは?

  • スマホの契約、ショップで?オンラインで?(写真はイメージ)
    スマホの契約、ショップで?オンラインで?(写真はイメージ)
  • スマホの契約、ショップで?オンラインで?(写真はイメージ)

ショップ派「安心できる」「説明がわかりやすい」

   携帯電話を使用する全国の18歳~79歳の男女1万人が対象となった今回の調査ではまず、メインで利用する通信会社の契約場所・契約方法を聞くと、路面店の携帯ショップ(28.7%)が最も多かった。次いで、通信会社の公式Webサイト(25.0%)、家電量販店(11.4%)、街の携帯ショップ(11.3%)、ショッピングモール内の携帯ショップ(9.3%)と続いた=図表1参照

(図表1)通信会社の契約場所は?(MMD研究所の作成)
(図表1)通信会社の契約場所は?(MMD研究所の作成)

   全体の4分の3を占める「携帯ショップ派」の人に、携帯ショップで契約した理由を聞くと(複数回答可)、「店舗で契約した方が安心できたから」(35.8%)が最も多く、次いで「対面の説明で契約内容が分かりやすくなったから」(22.8%)、「当日中に契約完了したかったから」(19.6%)となった=図表2参照

(図表2)携帯ショップで契約した理由は?(MMD研究所の作成)
(図表2)携帯ショップで契約した理由は?(MMD研究所の作成)

   また、「店舗スタッフが親身になってくれたから」(11.2%)、「自分で情報収集などをするのが面倒だったから」(7.8%)なども上位に入った=再び、図表2参照。最初からこのプランがいいという考えがあるというより、「とりあえずショップの店員にお任せ」という傾向がみられる。

姉妹サイト