2024年 3月 3日 (日)

JR九州株、2年4か月ぶり高値...9月23日開業の「西九州新幹線」起爆剤、コロナ後の観光需要期待

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   JR九州の株価が上昇基調にあり、2022年9月15日の東京株式市場で一時、前日終値比115円(3.8%)高の3180円をつけ、2020年5月以来、2年4か月ぶりの高値となった。

   9月23日には西九州新幹線(武雄温泉―長崎)の開業を控えており、コロナ後の観光需要の回復に期待する投資家が買いを入れている。

  • JR九州株に注目
    JR九州株に注目
  • JR九州株に注目

博多―長崎間、現行の在来線特急より約30分短縮

   9月に入って新たな買い材料が出てきているわけではないが、新型コロナウイルス第7波の新規感染者数が全国的に減少するなかで、西九州新幹線開業が起爆剤となり、JR九州の収益が伸びるとの見方が広がっている。株価は、9月7日から16日まで8営業日連続で、終値が上昇するにぎわいぶりだ。

   西九州新幹線の概要を確認しておこう。

   全長69.6キロメートルで武雄温泉(佐賀県武雄市)から順に、嬉野温泉(佐賀県嬉野市)、新大村(長崎県大村市)、諫早(長崎県諫早市)、長崎(長崎市)と、計5駅の非常にコンパクトな新幹線だ。

   長崎県としては本来、博多から長崎までをフルに結びたかったのだが、途中の佐賀県が費用対効果の観点から難色を示し、いわば妥協策としてこうした部分的な開業になった。

   その結果、西九州新幹線開業によって博多―長崎間は、博多から在来線特急「リレーかもめ」で武雄温泉へ行き、武雄温泉駅の同じホームで待機中の西九州新幹線に乗り換えることで最速1時間20分となり、現行の在来線特急より約30分短縮される。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中