2022年 12月 7日 (水)

押しつけ、型にはめる指導では限界...プロ野球の名コーチは「教えない」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   大谷翔平選手や佐々木朗希選手など、野球界にはかつての常識を覆すような才能が次々と現れている。彼らを成長に導くのは、従来のコーチング論とは一線を画した、新しい指導スタイルだ。

   本書「『名コーチ』は教えない」(集英社新書)は、優れた職能を認められたプロ野球の現役指導者6人に取材したものだ。その実践は、野球界のみならず、ビジネスの世界でも、若い世代を「指導」「教育」する立場の職務に有効なヒントを与えてくれそうだ。

「『名コーチ』は教えない」(高橋安幸著)集英社新書

   著者の高橋安幸さんは、1965年生まれのベースボールライター。出版社勤務を経てフリーランスに。雑誌「野球小僧」(現・「野球太郎」)の創刊に参加。昭和から平成にかけてのプロ野球をテーマに取材、執筆を続けてきた。著書に「増補改訂版 伝説のプロ野球選手に会いに行く 球界黎明編」「根本陸夫伝 プロ野球のすべてを知っていた男」などがある。

失敗を生かして、成功に近づく

   高橋さんが「野球人」に取材した話を総合すると、プロ野球のコーチはおよそ次の3つのタイプに分類されるという。

1 幹部候補生
2 縁故採用
3 職能を認められた人

   1は球団が監督候補と見込んでいる人材だ。現場の最高指揮官への昇格に向け、指導者経験を積ませるために、コーチに就任させる。2022年の12球団の監督のうち、前年に日本一になったヤクルトの高津臣吾監督をはじめ8人が該当する。中日の立浪和義監督ら4人は、専任のコーチ経験なしに監督に就任した。

   2は「世渡りがうまくできる」コーチで、所属球団で自分の首が危うくなると、延命のため他球団での採用を根回しする人もいるという。引退後にそのまま球団に残って就任するケースが多いが、そこから勉強して、「仕事ができるコーチ」になり変わる人もいるそうだ。

   3が本書で取り上げたコーチの類型だ。職能が評価され、いろいろなチームから声がかかる人も少なくない。

   第1章に登場する石井琢朗さんもその1人だ。

   横浜(現・横浜DeNA)の1998年のリーグ優勝に1番打者として貢献。2008年広島に移籍して、2012年引退。その後、広島、東京ヤクルト、巨人、22年から横浜DeNAでコーチを歴任している。

   打撃コーチとしての哲学をこう語っている。

「漠然と打率3割という100点を目指さないでほしい。3割だけで1点を取りにいくんじゃなくて、残りの7割の失敗も生かしてプラスして、10割を使って攻撃してほしい。ひとつの凡打、失敗でも、いかにランナーを進めるか、得点にするか、というところから考えなさい」

   「失敗も生かして、10割を使って、成功に近づく」という考え方は、ビジネスにおいても当てはまりそうだ、と高橋さんは書いている。

   石井さんは現役最後の4年間広島にいたことが勉強になったという。ずっと横浜にいてコーチになっていたら、プライドが強すぎて、「自分はこうやってきたんだから」と選手に押しつけ、型にはめるような指導をしていたかも、と振り返っている。

   「よく、誰々を育てたっていうコーチの話がありますけど、逆に僕が選手に育てられたと思っているんです」とも。

コーチは指導しちゃダメ...「アスリートファースト」で

   現在、千葉ロッテのピッチングコーディネーターを務める、日米通算121勝62セーブ右腕の吉井理人さんは、「コーチは選手の邪魔をしたらダメ、指導しちゃダメです」と語る。

   吉井さんは12年オフに日本ハムを退団した後、14年春から2年間、筑波大学大学院で体育学を専攻。専門的にコーチングを学んだ。すでに5年間の指導者経験があったが、自らの経験に頼っていては限界があり、勉強が必要だと感じていたという。

   そのコーチングの哲学を表すのが、「アスリートファースト」という言葉だ。

   自分もそうだったが、選手は基本的に教えられるのが嫌なものだから、コーチは指導せず、その代わりサポートするという考え方だ。そこで重視するのは、選手との深いコミュニケーションで、「振り返り」という作業が中心になるという。

   大学院2年目、研究を続けながらソフトバンクの投手コーチを務めたとき、若い選手に合わせてLINEも使ったそうだ。また、「振り返り」の内容をその場限りにしないため、各選手に許可を取ったうえで発言を録音し、文字に起こして記録した。

   米・大リーグのメッツに入団したとき、コーチから教えるのではなく、選手が何をやりたいか、初めに聞いて、それに沿ってアドバイスを受けた経験が生きているという。

経験則による指導は通用しなくなる時代に

   オリックスで投手コーチ、現在は育成コーチを務める平井正史さんも、選手が自主的に動けるよう、促してあげたほうが覚えは早い、と話す。

   現役時代の平井さんは、落合博満監督が率いた「黄金時代」の中日のメンバーだ。当時のブルペンでは、コーチの役割を選手が果たしていたという。選手間で投手起用のタイミングがわかっていたというのだ。

   もっとも、そういう流れをつくっていたのが、投手コーチでブルペン担当の近藤真市さんとベンチコーチだった森繫和さんの信頼関係だった、と証言する。

   著者は最後に、コーチ研修をしている球団もあるが、どれだけの球団が行っているか、と問題提起している。指導者のライセンスが存在しない野球界では、自分の経験を押しつけるコーチも未だに少なくないと見ている。

   近年、高精度の測定器によって得られたデータを分析するアナリストの存在が注目されている。アナリストとコーチの連携が必要不可欠になり、「経験則による指導はますます通用しなくなることだろう」と結んでいる。

   ひるがえって、ビジネスの世界はどうか。「営業はこうやるんだ」と自分の経験を押しつける先輩や上司の顔が浮かんでくる人もいるのでは。

   純粋に野球を見るうえでも、豊富なエピソードが紹介されており、楽しめる一冊だ。

(渡辺淳悦)

「『名コーチ』は教えない」
高橋安幸著
集英社新書
902円(税込)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中