2024年 2月 24日 (土)

在宅勤務で生じた「忙しさ」で疲労感いっぱい...時間の使い方見直して、幸せな人生を送るために大事な3つのテクニック【ひろ子ママの教訓 その124】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   きょうは50代のTさんがいらっしゃっています。

「コロナ禍になって、ずっと在宅勤務が続いています。コロナ禍当初は、移動が減った分がなぜか、仕事の時間に置き換えられてしまったため、忙しくなったなと感じていましたが......。それからずっと、『忙しさ』が当たり前になってしまって、疲労感でいっぱいです。慢性化しているので、このままこの過ごし方が続くのは辛いなと思っているところです。時間は大事だと言いますが、『どのように大事にするのか』時間が取れないため、考えられません」
  • 時間の使い方を考えて、幸せな人生を、というお話!
    時間の使い方を考えて、幸せな人生を、というお話!
  • 時間の使い方を考えて、幸せな人生を、というお話!

時間に対する考え方を変える

お悩み中

   Tさんのように在宅勤務の中、多忙な毎日で疲れ切っている方もいれば、在宅勤務になって「コロナ前よりも時間に有効に使えている」「自由な時間も増えた」と幸せそう方もいます。この2つのパターンの違いは何でしょうか。

   大きな違いは「時間の使い方」にあります。時間に対する考え方自体を変えていかなければなりません。「こんなに忙しいから時間がない、休む時間があったらとっくに休んでいるよ」と言われそうですけどね。そして「時間は大事」と言いますが、うまく時間を使えている人は少ないのではないでしょうか。

   在宅勤務ができるようになったことで、「どこでも仕事ができることは、いつでも仕事ができる状態でもある」ので、仕事以外の時間は強制的につくらないといけないんですね。幸せそうな人は「自由な時間は自ら作り出すもの」という考え方で過ごしているのです。

   たとえば、お客様との商談の帰り道に、「冷房の効いた喫茶店でホッとする時間」のようなひとときを仕事の合間にうまくつくれている人は、ストレス少なく過ごせているのかもしれませんね。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター

不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。鳥取県生まれ、大阪在住。多拠点生活に向けて活動中。
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中