2024年 2月 21日 (水)

将来、すべての企業は金融サービス企業になる?! エンベデッド・ファイナンスとは何か?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「すべての企業は金融サービス企業になる」という衝撃的なサブタイトルを掲げるのが、本書「エンベデッド・ファイナンスの衝撃」(東洋経済新報社)である。しかも、単なる異業種による金融業への参入ではないという。いったい、どういうことだろうか。

「エンベデッド・ファイナンスの衝撃」(城田真琴著)東洋経済新報社

   著者の城田真琴さんは、野村総合研究所IT基盤技術戦略室長。先端ITが企業・社会に与えるインパクトを調査・研究している。総務省「スマート・クラウド研究会」技術WG委員などを歴任。著書に「FinTechの衝撃」「クラウドの衝撃」などがある。

「非金融企業」が、既存サービスに金融サービスを「組み込んで」提供

   「エンベデッド・ファイナンス」とは、日本語では「組み込み金融」「埋め込み金融」、あるいは「モジュラー金融」と呼ばれる、新たな金融サービスのことである。

   金融以外の事業を展開する「非金融企業」が、既存サービスに金融サービスを「組み込んで」提供することを意味する。

   エンベデッド・ファイナンスは、金融業のライセンスを持つ伝統的な金融機関や、金融機能をAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を通じ、サービスとして提供するフィンテック企業の存在なしには成立しない。

   しかし、多くの顧客接点を持つ「非金融企業」が主体となり、自社の既存サービスに金融サービスを組み込んで顧客に提供する、というのがエンベデッド・ファイナンスの特徴である。

   こうしたコンセプト自体は決して新しいものではない。

   自動車販売会社が提供するオートローンはエンベデッド・ファイナンスの「はしり」だという。1920年代にはじまり、GMはオートローンの提供によって、当時世界最大の自動車会社だったフォード・モーターを抜き、シェア1位になるなど、その効果は絶大だった。

   当時と現在の違いは何か。城田さんは3点あると説明する。

1 自動車販売会社だけでなく、アパレルや旅行、家電販売など、さまざまな業界で適用されつつあること
2 オフライン(店頭)だけでなく、EC(電子商取引)などオンラインで、すばやく申し込めるようになった
3 提供する金融サービスの種類がローン(融資)だけでなく、決済や投資、保険などに広がっている
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中