2024年 5月 30日 (木)

米国の景気減速懸念強まっているが...今週はどうなる?(11月21日~11月25日)【株と為替 今週のねらい目】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 決算発表ほぼ終わり&急激な円安進行の一服で材料難に

東京株式市場見通し(11月21日~25日)
日経平均株価予想レンジ:2万7600円~2万8400円

2022年11月18日(金)終値 2万7899円77銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、しっかりの展開か。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、4週間ぶりに反落した。米国の利上げペースの減速期待は強いものの、FRB(米連邦準備制度理事会)メンバーから、利上げペースの減速を否定するような発言が出ていることで米国株の上値が重く、日経平均株価も2万8000円台では伸び悩んだ。決算発表がほぼ終わり手掛かり材料難となったことも、日経平均株価の動きを鈍らせた。

   今週の日経平均株価は、しっかりの展開となりそうだ。

   引き続き、米国の利上げペースの減速期待は強く、米国の景気減速懸念の強まりを背景に、米長期金利の上昇に歯止めがかかっているため、米国株が大きく崩れない限り、日経平均株価もしっかりとなりそう。

   為替相場でドルの上値が重くなり、急激な円安進行が一服していることも支援材料となりそうだ。ただ、米国の利上げの行方、為替相場の動向はまだまだ不透明なため、米国の経済指標の結果には十分に注意が必要だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中