2024年 2月 26日 (月)

膨れる外債の含み損、メガバンク3社計で約4兆円に拡大 「収益に影響ない」と言うけれど...

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、三井住友フィナンシャルグループ(FG)、みずほフィナンシャルグループ(FG)のメガバンク3社の2022年度中間期(22年4~9月期)決算が出そろった。

   3社すべてで、本業のもうけを示す業務純益が前年から増加するなど堅調に推移したものの、米国の金利上昇を受けて、保有する外国債券の含み損が膨らんだ。

  • メガバンク3社の2022年度中間期(22年4~9月期)決算に注目(写真はイメージ)
    メガバンク3社の2022年度中間期(22年4~9月期)決算に注目(写真はイメージ)
  • メガバンク3社の2022年度中間期(22年4~9月期)決算に注目(写真はイメージ)

三井住友FG、相場操縦の影響は通期で400億円

   メガバンク3社の2022年度の中間期決算は、円安の影響で海外収益が膨らんだほか、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための規制の緩和や、ロシアのウクライナ侵攻による原材料高に伴う貸し出しの伸びで、いずれも好調な結果となった。

   業務純益は、MUFGが前年同月比2577億円増の8952億円で、中間期としては過去最高となった。三井住友FGは1358億円増えて7219億円と、こちらも過去最高。みずほFGは22億円増えて4407億円だった。

   純利益は、MUFGが米国の地域銀行、MUFGユニオンバンクの売却に伴う損失計上が影響して、前年同期比70.4%減の2310億円だった。三井住友FGは、前年同期比15.2%増の5254億円。グループのSMBC日興証券による相場操縦事件の影響が通期で400億円程度のマイナス要因となるとしながらも、最終的な利益である純利益の通期の見通しを7300億円から7700億円に上方修正した。

   みずほFGの純利益は13.4%減の3339億円。リテール・事業法人部門の純損益が赤字となり、振るわなかったが、同社は「赤字は一過性」とみている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中