2024年 4月 22日 (月)

SOMPOホールディングス株9.8%安、業績予想の下方修正で売り殺到...北米ハリケーン、国内で自動車保険金増加など影響

   損保大手のSOMPOホールディングスの株価が、2022年11月21日の東京株式市場で一時、前週末終値比599円(9.8%)安の5523円まで急落した。前週末18日に2023年3月期連結決算の業績予想について、大幅に下方修正したのを嫌気した売りが殺到した。

   下方修正には米国のハリケーンなどの大型災害発生、自動車保険金の増加などが影響した。その後、21日の下落分を取り戻す途上にあるように見えるものの、同業他社が示したような株主還元策がないことから、株価上昇力は限定的との声も聞かれる。

  • SOMPOホールディングス株に注目(写真はイメージ)
    SOMPOホールディングス株に注目(写真はイメージ)
  • SOMPOホールディングス株に注目(写真はイメージ)

北米ハリケーン「イアン」フロリダ上陸、損害557億円...大手損保3社のなかで最大額

   下方修正の内容を確認しておこう。経常利益は従来予想比1200億円少ない1150億円(前期比63.6%減)、最終利益は従来予想比800億円少ない800億円(前期比64.4%減)と大幅な減益を見込む。

   9月に米国フロリダ州に上陸した大型ハリケーン「イアン」による保険会社としての損害額を557億円と、国内大手損保3グループのなかで最大額を見込んだ。

   損保各社は買収による海外進出を積極的に推し進めてきたが、近年、北米のハリケーンリスクが増している。顧客の自然災害リスクをコントロールするのが損保ではあるが、損保各社が北米ハリケーンによる多額の損失を計上する場面が増えており、リスク管理の改革が避けられなくなっている。

   一方、国内の自動車の交通量がコロナとの共存が進む中で回復し、自動車の保険金発生が予想を上回ったことも、今回の下方修正の理由となった。さらに、傘下生保において、自宅療養するなどしたコロナ感染者への保険金が膨らんだことも響いた。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中