2024年 2月 23日 (金)

生命保険大手の中間決算、3社減益...コロナ感染の入院給付金、支払い増加【馬医金満のマネー通信】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   今回は、各生命保険会社の収益に注目しました。

   生命保険大手4社(「日本生命」「第一生命ホールディングス」「明治安田生命」「住友生命」)は2022年11月25日までに、9月までの中間決算を発表しました。このうち3社で本業のもうけにあたる「基礎利益」が減ったことが話題となっています。

自宅などで療養する「みなし入院」含めての支払いが影響

   本業のもうけにあたる基礎利益は、日本生命が前の年の同じ時期と比べて34.3%減って、2616億円、第一生命が22.6%減って2024億円、住友生命が34.9%減って1098億円となり、3社で減益となりました。明治安田生命は8.2%増の2212億円でした。

   減益の理由としては、新型コロナに感染した場合に支払われる入院給付金を、自宅などで療養する「みなし入院」も含めて支払っていたことから、支払いが大きく膨らんだことが大きな原因だと考えられています。4月から9月までの支払いは、4社合わせて2000億円を超えました。

   なお、各社は2022年9月下旬から、給付金の支払いの対象を重症化リスクの高い人などに限定しています。

   日本生命の佐藤和夫常務は会見で「感染拡大による影響は想定より大きい。足元でも相当数、請求をいただく状況が続いていて、収支への影響を念頭に置いておく必要がある」などと発言しています。目下、円安などで収入が増えているかと思われるかもしれませんが、実はどの会社も苦戦しているのです。

   そのため今後は、コロナ保険の見直し等も含めて、収益状況を見直す可能性が出てくるかと思われます。

   ではまた!(馬医金満)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中