2024年 3月 3日 (日)

前週末は1ドル=133円半ばまで下落...だが、ドル高・円安構造に大きな変化はなく、過度な期待にはご注意(12月5日~12月9日)【株と為替 今週のねらい目】

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 少し前は急激な円安進行を嫌気していたのに、今は急激な円高進行を嫌気

東京株式市場見通し(12月5日~9日)
日経平均株価予想レンジ:2万7000円~2万8200円

2022年12月2日(金)終値 2万7777円90銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、軟調な展開か。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、反落した。米経済指標が市場予想を下回ったことや、中国のゼロコロナ政策による景気後退懸念が強まったことを嫌気した。加えて、為替相場が急速な円高に転換している点も、相場の懸念材料となっている。

   今週の日経平均株価は、軟調な展開となりそうだ。

   米国の利上げペースの減速観測が強まり、米長期金利の低下は相場の支援材料だが、その背景には米国を中心として景気後退懸念が高まっていることがある。市場では、天邪鬼な性質を露呈するかのように、つい先ごろまでは急激な円安進行を嫌気していたが、今は急激な円高進行を嫌気している。

   日経平均株価を積極的に買い上がっていく支援材料には乏しいが、ただ、米国の利上げペースの減速と米長期金利の低下は米国株の支援材料になるため、米国市場が底堅い動きであれば、日経平均株価の下支えとなりそうだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中