2024年 2月 27日 (火)

米国の利上げペースどうなる?...今週開催のFOMC&11月の米CPI発表に注目(12月12日~12月16日)【株と為替 今週のねらい目】

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 米国の金融政策の行方を巡り、波乱含みの展開か

東京株式市場見通し(12月12日~16日)
日経平均株価予想レンジ:2万7500円~2万8400円

2022年12月9日(金)終値 2万7901円01銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、波乱含みの展開か。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、反発した。全般は軟調な展開で一時は2万7500円割れまで下落する局面もあった。だが、中国での新型コロナ規制の緩和が進んだことで、経済再開への期待感から週末に米国株が大きく反発。これを受け、日経平均株価も大幅上昇した。

   今週の日経平均株価は、米国の金融政策の行方を巡り、波乱含みの展開となりそうだ。

   13~14日に開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)の行方に、大きな関心が集まっている。

   米国では最終的に政策金利を5%超にまで引き上げるとの見方が多数を占めており、12月のFOMCでも利上げが実施される可能性が高い。その一方で、景気後退懸念が強まっており、これを背景に利上げペース減速を見込む向きも多く、先行きの金利観が大きく振れやすい状況だ。

   13日には米国の11月消費者物価指数(CPI)の発表もあり、米国の経済指標の結果にも目が離せない。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中