2024年 3月 5日 (火)

英語を使って仕事をしたい人へ...「実用英語」身に着けるには?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   英語の参考書、テキストは書店に行けば、山のようにあふれている。どれを選べばいいのか、わからないほどだ。

   本書「英語で仕事をしたい人の必修14講」(慶応義塾大学出版会)は、実用的な英語を習得するためのノウハウを学ぶ本だ。年も明けて、心機一転。英語をマスターし、英語を生かした仕事に就きたいという人にお勧めしたい。

「英語で仕事をしたい人の必修14講」(松崎久純著)慶応義塾大学出版会

   著者の松崎久純さんは、1967年生まれ。慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科非常勤講師。南カリフォルニア大学東アジア地域研究学部卒。名古屋大学大学院経済学研究科修了。日本メーカーで、欧米市場、アジア市場を担当。その後、コンサルティング団体で、企業のグローバル化に関連した業務や国際機関を通じた海外人材の教育に携わってきた。

   現在は独立したグローバル人材育成の専門家・経営コンサルタントで、25カ国100都市での業務経験がある。著書に「英文ビジネスレター&Eメールの正しい書き方」「ものづくり現場の英会話ハンドブック」などがある。

   本書は、英語を身に付けて、国際的なビジネスパーソンになりたい学生や社会人、英語を使う仕事を自分のキャリアに取り入れたい学生や社会人のために書かれたものだ。

効果的な習得方法は、映像を見て会話を聞く

   第1講「イントロダクション」は、国際的なビジネスパーソンとして活躍したい人が、前提として知っておくべきことについて教えている。

   まず、英語には「ネイティブスピーカーの英語」と、「世界の共通語としてのSimple English(シンプル・イングリッシュ)」があり、私たちが学ぶのはシンプル・イングリッシュの方であるということだ。

   シンプル・イングリッシュとは、英語を母国語としない人たちが使う、イギリス語やアメリカ語と比べると、シンプルでやさしい英語になる。また、「簡単かどうか」の判断は、読んで理解できるかではなく、見なくても言えるか、あるいは書けるかを基準に考えるべきだ、と説明している。

   松崎さんが実際に見聞きしたエピソードには、耳を疑うようなものが少なくない。インドで工場を立ち上げる業務を担当する赴任者から「英語については覚えない方針」と聞かされ、驚いたという。

   すべて通訳任せが会社の方針で、そのために結構な金額を、電力会社に「賄賂」として支払い、平然だったというのだ。

   このように海外展開している企業でも、英語力が十分に備わっていない職場は多く、そうした企業では、従業員の取り組み姿勢にも問題があるようだ。

   効果的な習得方法を挙げている。それは、映像を見て会話を聞くこと。好きなシチュエーション・コメディ(シットコム)を選んで毎日1、2話見ることを勧める。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中