2024年 2月 27日 (火)

次は、メーガン妃の自叙伝?!...ヘンリー王子「赤裸々すぎる」暴露本の影で、ほくそ笑む?あの人(井津川倫子)

   まさかここまで暴露するとは...。エリザベス女王の崩御で発売が延期されていたヘンリー王子の暴露本「Spare」(スペア)が発売になり、その赤裸々な内容に世界中が騒然となっています。

   発売前から内容が次々とリークされていましたが、ふたを開けてみたら、記録を塗り替えるほどの好調な売れ行き。メーガン妃とキャサリン妃のあつれきなど、英王室の裏側が遠慮なく暴露されているとあって、ゴシップ好きな人々の心をわしづかみにしているようです。

   それにしても、ここまで暴露して大丈夫なのか...。巨額の契約金を手に入れたヘンリー王子とメーガン妃ですが、「そろそろ賞味切れ」もささやかれています。「暴露本」で得をしたのは誰なのでしょうか?

  • ヘンリー王子の暴露本「Spare」(スペア)が話題に(写真はイメージ)
    ヘンリー王子の暴露本「Spare」(スペア)が話題に(写真はイメージ)
  • ヘンリー王子の暴露本「Spare」(スペア)が話題に(写真はイメージ)

エリザベス女王「過去の秘密」まで暴露...もっとも激怒しているのは誰?

   2023年早々、世界中のメディアを騒がせているヘンリー王子の自叙伝「Spare」(スぺア)。なぜか、解禁前にスペインの書店に並ぶという「トラブル」が発生し、発売前から次から次に刺激的な内容がメディアにリークされていました。

   兄であるウイリアム皇太子と怒鳴り合いのけんかをして暴力を受けたことや、イートン校時代にコカインを吸引したこと、英陸軍に所属してアフガニスタンに派遣された時にイスラム主義組織タリバンの兵士25人を殺害したことなどが、世界中で報じられました。

   ここまで事前に内容が知られたら、わざわざ本を買う人が減るのではないか? そんな憶測をあざ笑うように、ヘンリー王子の「自叙伝」は記録的な売り上げを達成したようです。

Prince Harry's publisher says book sales 'beyond expectations'
(ヘンリー王子の出版社は、本の売り上げが「期待以上だ」と述べている:英BBC)

Prince Harry's memoir breaks UK sales records and tops Amazon bestseller lists
(ヘンリー王子の自叙伝はイギリス売り上げ記録を破り、アマゾンベストセラーの上位にランクインしている:米CNBC)

   日本のテレビでも、開店前からロンドンの書店に並ぶ人々の様子が紹介されていましたが、「Spare」は発売初日に40万部を売り上げて英国の記録を塗り替えたそうです。16か国語に訳されて、英国や欧州だけでなくオーストラリアやサウジアラビアといった国々で、アマゾンのベストセラーにランクインしたとか。

   出版社が「exceeding our most bullish expectations」(我々の、もっとも強気な期待でさえ超えた)とコメントするほど、好調な売れ行きだったことが伝わってきます。むしろ、事前に本の内容が漏れ伝わったことが人々の好奇心をあおり、効果的な宣伝になったようです。

   さて、肝心の本の内容ですが、各国メディアが競うように報じているヘンリー王子の「告白」は、まさに「beyond expectations」(予想を超えている)エピソードが満載!

   年上女性との情事や、ロンドンホテルでのメーガン妃とのあいびき。兄のウイリアム皇太子や父親のチャールズ国王、さらにカミラ王妃やキャサリン妃に関する「身内ネタ」を、これでもか、というくらいオープンにしているのです。

   さらに、2002年に開催された故エリザベル女王を祝う記念式典で、元クイーンのブライアン・メイが演奏している時、女王が耳栓をしていたという「秘密」まで暴く始末。今のところ、ブライアン・メイの反応は報じられていませんが、「人生を変える瞬間だった」と当時の興奮を語っていた彼は、大きなショックを受けていることでしょう。

   ちなみに英BBCは、「『暴露本』発売にもっとも激怒しているのはNetflixだろう」という専門家のコメントを紹介しています。ヘンリー王子とメーガン妃はNetflixとも巨額の契約を結んでいて、第一弾となるドキュメンタリー番組が先日公開されたばかり。前評判とは裏腹に英王室ネタの暴露が少なかったことから、「評判だおれ」との批判も受けていました。

   Netflixにしても、出版社にしても、ヘンリー王子夫妻に期待するのは王室ネタの暴露なのかもしれません。両社ともに夫妻とは複数契約をしていると報じられています。今後はさらに過激なネタを期待されることでしょう。それだけに、ヘンリー王子夫妻は、「底なし沼」に足を踏み入れてしまったようにも見えます。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中