2024年 4月 25日 (木)

「キャリアの高速道路」と呼ばれるコンサルティング業界に入るには?

   近年、大学生の就職先として人気を集めているコンサルティング業界。本書「新版コンサル業界大研究」(産学社)は、業界入門の定番書として定評が高い本である。

   新型コロナウイルス感染症のパンデミックという危機を受け、デジタルトランスフォーメーション(DX)への対応など、進化するコンサルティング業界のトレンドを解説。就職・転職しようとする人への格好のガイドとなるだろう。

「新版コンサル業界大研究」(コンコードエグゼクティブグループ・コンサルティングファーム研究会著)産学社

   著者はコンコードエグゼクティブグループ代表取締役社長の渡辺秀和さんと、コンサルティングファーム研究会代表の山越理央さん。

   渡辺さんは三和総合研究所(現・三菱UFJリサーチ&コンサルティング)を経て現職。山越さんはプライスウォーターハウスクーパース(現PwCアドバイザリー)を経て、現在は国内最大規模のシンクタンクに在籍。コンサルティング業界の最新動向を調査している。

コンサルティングファームの機能とは?

   最初にコンサルティングファームの機能について、実際の業務の流れに沿って説明している。

   まず、「専門人材レンタル」の機能を活用して調査分析し、戦略(解決策)を立案する。その際、クライアントの社内の人材を説得、交渉して、プロジェクトが円滑に進むように「触媒機能」を果たし、社外の適切な事例など「情報提供」も行う。

   解決策が決まったら、クライアントの社内に周知徹底させるために、コンサルティングファームの権威を利用する「外圧機能」が活用される。さらに、システムや制度の運用をコンサルティングファーム自身が受注すれば「アウトソーシング機能」が発揮されていることになる。

   コンサルティングファームには7つの類型があるという。

1 戦略系コンサルティングファーム マッキンゼー・アンド・カンパニーなど
2 総合系コンサルティングファーム/業務・IT系コンサルティングファーム アクセンチュアなど
3 シンクタンク 野村総合研究所、三菱総合研究所など
4 財務系コンサルティングファーム PwCアドバイザリーなど
5 組織人事系コンサルティングファーム ウイリス・タワーズワトソンなど
6 ブランド系コンサルティングファーム 博報堂コンサルティングなど
7 先端領域・専門領域コンサルティングファーム

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中