2024年 5月 26日 (日)

マツダ、ロータリーエンジンが11年ぶり復活...EV発電用として活用!「プラグインハイブリッドカー」欧州でお披露目

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   マツダは、ロータリーエンジンを発電機として使用する、プラグインハイブリッドカー(PHV)「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」を2023年1月13日、ベルギーで開かれたブリュッセルモーターショーで初めて公開した。

   MX-30は欧州で今春発売するとみられている。マツダはこれまでの「公約」通り、発電機としてロータリーエンジンを復活させることになる。

  • マツダのPHV「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」(欧州仕様)(プレスリリースより)
    マツダのPHV「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」(欧州仕様)(プレスリリースより)
  • マツダのPHV「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」(欧州仕様)(プレスリリースより)

軽量コンパクト、振動や騒音が少ないロータリーエンジン

   ロータリーエンジンは発電専用で、タイヤの駆動には用いず、走行はモーターのみで行う。電気自動車(EV)として、外部電源からも充電できる。

   ブリュッセルモーターショーに先立ち、マツダの丸本明社長は1月4日、広島市内で年頭の記者会見を行い、発電用のロータリーエンジンを搭載した新型車を2023年3月までに投入すると明らかにしている。日本での発売時期はわからないが、マツダが主力市場の欧州で新型車を公開したことから、発売も欧州が先行するとみられる。

   マツダは2020年11月9日に発表した中期経営計画の修正版で「ロータリーエンジン技術を使ったマルチ電動化技術」を「この先2年」で実現するとしていた。

   当時、丸本社長は「(MX-30以外の)他の商品への展開も含め、2022年前半から順次、市場に導入していく」と述べていた。

   当初の公約より発売時期は遅れるものの、ロータリーエンジンの復活は間違いないようだ。関係者によると、「当初はマツダの創立100周年となる2020年に発売する予定だったが、ロータリーエンジンのアップデートに時間がかかった」ということらしい。

   マツダが1967年発売の「コスモスポーツ」で、世界初の本格量産に成功したロータリーエンジンは、軽量コンパクトで振動や騒音が少ないのが大きなメリットだ。

   ピストンを用いる通常のレシプロエンジンに比べ、燃費が悪いのがデメリットだが、発電用に用いるのであれば、メリットの方が大きいと判断したのだろう。

   ピストンの往復運動ではなく、おにぎり型のローターを回転させて動力を得るロータリーエンジンは、高回転になるほどレシプロエンジンより静かでスムーズだ。

   このため、トヨタ、日産など世界のライバルも1970年代に市販を目指したが、73年の石油危機で燃費の悪さが問題となって実現しなかった。結果的に、マツダが世界で唯一、ロータリーエンジンを量産するメーカーになった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中