2024年 4月 21日 (日)

トヨタ自動車、14年ぶり社長交代...佐藤恒治新社長、どんな人?手腕は? そして、トヨタの変革はどうなるのか?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   トヨタ自動車の社長が約14年ぶりに交代する。豊田章男社長(66)が2023年4月1日付で代表権のある会長に就き、佐藤恒治執行役員(53)が後任の社長に昇格することになった。トップ交代でトヨタはどう変わるのだろうか。

  • 佐藤恒治新社長の手腕はいかに?(写真はイメージ)
    佐藤恒治新社長の手腕はいかに?(写真はイメージ)
  • 佐藤恒治新社長の手腕はいかに?(写真はイメージ)

トヨタでは珍しいエンジニア出身の社長に...「レクサス」チーフエンジニア、水素エンジン開発を指揮

   歴代のトヨタ社長は、現在の豊田氏を含め、圧倒的に文系出身者が多い。ところが、佐藤氏は早大理工学部卒で、トヨタでは珍しいエンジニア出身の社長となる。

   ホンダのようにエンジニア出身者から社長が選ばれている技術主導の会社もあるが、日本の自動車メーカーの多くは、財務や営業畑を歩む文系出身の社長が多い。豊田氏はあえて、理系で技術に精通した佐藤氏を後任に選んだのだろう。

「デジタル化や電動化、コネクティビリティーも含めて私は古い人間だと思う」

   豊田氏は社長交代を発表した2023年1月26日のオンライン会見でこう語った。

   換言すれば、トヨタにとって「デジタル化や電動化、コネクティビリティー」が重要で、佐藤新社長にマネジメントを託す、ということなのだろう。豊田氏は「私はクルマ屋の域を超えられない。私にできないことも新チームならできると思う」と語った。

   バトンを受ける佐藤氏は「新しいモビリティーの形を提案したい。新たな時代に向けて挑戦する」と呼応した。豊田氏は「トヨタの変革を進めるには、私が新社長をサポートする体制が一番良いと考えた」と述べた。

   佐藤氏はこれまで高級車「レクサス」のチーフエンジニアを務めたほか、モータースポーツ部門の責任者として、耐久レースに参戦する水素エンジンの開発も進めてきた。

   新車発表の記者会見で、佐藤氏は豊田氏と一緒に登壇することも多く、エンジニア出身の役員として技術面の解説を担ってきた。長身で弁も立つ佐藤氏は、メディアにも数多く登場し、目立つ存在だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中