2024年 3月 1日 (金)

米国の底力か?堅調な雇用にウォール街衝撃! FRB利上げ継続...エコノミストが指摘「ハイテク大手GAFAMの凋落」「米経済はソフトランディング?」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   またまたウォール街がショックを受けた。2023年2月3日、米労働省が発表した1月雇用統計は、非農業部門雇用者数が市場予想を3倍も上回る大幅な伸びとなったからだ。

   雇用状況が堅調と言えば、米国経済の底力を示して聞こえはいいが、ウォール街から見れば、労働市場に過熱感が残り、FRB(米連邦準備制度理事会)のさらなる利上げ継続を強める内容だった。

   同日、NYダウは下落、米10年国債利回りは上昇(債券価格は下落)した。ドル円相場も1ドル=128円半から、一気に131円台に円安に振れた。米穀経済はどうなるのか。エコノミストの分析を読み解くと――。

  • 株価が急落したニューヨーク証券取引所
    株価が急落したニューヨーク証券取引所
  • 株価が急落したニューヨーク証券取引所

大企業が大幅人員削減、それでも雇用が伸び続ける「不思議」

kaisha_20230207181632.jpg
FRBのパウエル議長(FRB公式サイトより)

   1月米雇用統計は、非農業部門就業者数が前月比で51万7000人増と、市場予想の18万8000人を3倍近く上回った。市場予想がこれほど外れるのも珍しい。

   失業率は3.4%(市場予想3.6%)と、53年ぶりの歴史的低水準になった。もっとも、大企業やIT業界で、景気後退を警戒して大幅な人員削減が始まっているのに加え、洪水や寒波など悪天候の影響で、雇用の悪化が懸念されていたが、予想外に堅調な結果となった。

   レジャー関連などのサービス業では雇用が伸びた。家計労働力調査による就業者が前月比で89万4000人も増え、労働参加率も小幅に改善した。構造的な人手不足に悩む労働市場に、人手が戻り続けているのだ。

   一方、平均時給は前年同月比プラス4.4%(市場予想4.3%)と、2022年12月のプラス4.8%から減速した。賃金上昇率が依然として強い水準であることに変わりがないが、緩やかに下降を続けている。ようするに、市場予想よりも米国経済の底堅さが示されたかたちだが、どの点がウォール街にショックを与えたのだろうか。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中