2024年 5月 26日 (日)

【2024年卒就活生】内定率早くも2割以上! 理系は3割&進路確定し就活終了の人も...情報、IT、コンサル中心にどんどん内定早出し

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   早くも2024年3月卒業予定の大学3年生の就職活動が本格化している。

   新卒者を募集する企業の採用活動解禁日は3月1日だが、その1か月前時点で内定(内々定)者が2割以上に達することが、就職情報サービスの学情(東京都千代田区)が2023年2月7日に発表した「2024年卒 内々定率調査 2023年2月度」で明らかになった。

   理系学生では内定率は3割近くにもなり、情報、IT、コンサルティング企業を中心にどんどん専攻が進んでいる。


  • 内定が取れて本当によかった(写真はイメージ)
    内定が取れて本当によかった(写真はイメージ)
  • 内定が取れて本当によかった(写真はイメージ)

情報、IT、コンサル、教育、福祉、医薬品から内定早出し

   学情の調査は、2023年1月末時点。2024年卒の大学生に内定(内々定)率を聞くと「21.9%」で、2022年12月末時点から1か月で4.0%増となった。昨年同時期(19.4%)より2.5%増えており、早いスタートダッシュだ【図表1】。

kaisha_20230208163504.png
(図表1)現在までに内定(内々定)を獲得したか(学情の作成)

   内定の平均獲得社数は「1.59社」となり、昨年同時期の「1.44社」を上回っている。「内定を獲得し、就活を終了」と回答した学生も4.2%いるありさま。

   内定を獲得した企業の業種は、「情報・調査・コンサルティング」(19.6%)が最も多く、次いで「IT・ソフトウェア・インターネット」(18.2%)、「教育・福祉・その他サービス」(13.4%)、「医薬品・化粧品・日用品」(10.5%)と続く。29業種区分のうち、25業種で内定が出ており、偏り少なく採用選考が進んでいるようだ。

   文理別では、理系が「27.1%」と、昨年同時期(16.3%)を10%近く上回る伸びで、情報やIT企業を中心に理系の内定出しが急ピッチに進んでいることがうかがえる。一方、文系は「19.3%」と、逆に昨年同時期より1.6%下回っている【図表2】。

kaisha_20230208163541.png
(図表2)文理別の内定(内々定)率(学情の作成)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中