2024年 5月 28日 (火)

30年後に、4000~6000万円の資産をつくるには?!

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「お金が足りない」「将来が不安だ」と考えている人に、お金の悩みから解放されてほしいと書かれたのが、本書「ハック大学式 超現実的で超具体的なお金の増やし方」(あさ出版)だ。会社員のまま経済的自由を手に入れるための、現実的で具体的な方法が書かれている。

「ハック大学式 超現実的で超具体的なお金の増やし方」(ハック大学 ぺそ著)あさ出版

   著者のハック大学 ぺそさんは、YouTubeチャンネル「ハック大学」で情報発信しており、チャンネル登録者数は27万人を超える。外資系金融機関のマーケティング部門のマネージャーを務める。著書に「行動が結果を変えるハック大学式最強の仕事術」「『説明がうまい人』がやっていることを1冊にまとめてみた」などがある。

   会社員のまま経済的自由を手に入れる、というのが本書のテーマになっている。

   ここでいう「経済的自由」とは、決して数億円規模の資産家になるということではない。会社員として安定収入を得ている人が、それぞれの経済的なポテンシャルを最大限に生かして、精神的にも金銭的にも豊かになることを指している。

自分のバランスシートをつくるのがスタート

   そのための第1歩が、自分のお金の現状を知ることだ。まず、自分のバランスシートを作ることから始める。

   バランスシートの資産の部には、現金、普通預金、定期預金、株式、投資信託、持ち家、自動車などの資産を書き込む。負債の部には住宅ローン、カードローン、返済前の奨学金など、支払いが終わっていないものをすべて書き出す。

   純資産は、「資産-負債」。それがいまのあなたのお金の実力、ということになる。バランスシートが完成した段階で、ポートフォリオがわかる。これに「未来のお金」を加えることで、真のお金の実力がわかるという。家計が赤字にならない限り、毎年いくらかのお金は残り続ける。それが、加える未来のお金、先々のキャッシュフローだ。

「自分の資産を正しく把握できると、今どれだけのお金を貯蓄すべきか、投資すべきか、どの程度のリスクを許容できるかを把握できるようになります」

   老後資金として2000万円必要と言われるが、今2000万円持っていても、30年後にはそれでは足りるかわからない。お金の価値が変わるからだ。

   したがって、資産すべてを現金で持ち続けるよりも、株式や債券、外貨、不動産などに振り分けて持っておいたほうが、リスクを回避できる可能性が高くなるという。リスクを取ることが逆にリスクヘッジになるのだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中