2024年 4月 20日 (土)

電子部品大手・堀場製作所株、2日で17%高...最高益を歓迎、期末配当も前期から95円増配の245円

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   各種計測機器などを生産する電子部品大手、堀場製作所の株価が2023年2月15、16の両日の2日、合わせて1050円(17.2%)、終値ベースで上昇した。

   14日の取引終了後に発表した2022年12月期連結決算の内容や、同期の増配が歓迎された。15日の取引終了後のアナリスト向け説明会の内容も好感され、株価の大幅な伸びにつながった。

成長エンジンは、半導体製造装置向けのガス制御装置「マスフローコントローラー」

   まず、堀場製作所の概要を確認しておこう。京セラ、ローム、島津製作所など京都に本社を置く世界的な電子部品メーカーは数多く、堀場製作所もその一つ。

   1945年に「堀場無線研究所」として創業し、1953年に堀場製作所に衣替えした。排ガスや大気汚染などの計測機器の研究開発、生産を創業間もないころから手がける。現在でも自動車の排ガス計測システムが主力製品の一つだ。なかでも、半導体製造装置向けのガス制御装置「マスフローコントローラー」が現在の成長エンジンとなっている。

   事業セグメントは「自動車」「環境・プロセス」「医用」「半導体」「科学」の5分野。2022年12月期でみると、半導体事業が全体の売上高の42%を占め、営業利益の92%を稼ぎ出しており、全体をけん引している。欧米、中国などの海外展開もいち早く進めており、2022年12月期の連結売上高でみて海外比率は73%に及ぶ。

   次に、2022年12月期連結決算を確認しておくと、売上高は前期比20.4%増の2701億円、営業利益は43.1%増の458億円、最終利益は59.9%増の340億円で、それぞれ過去最高を更新した。

   半導体メーカーの設備投資が拡大したことによって、マスフローコントローラーなど半導体事業が好調で、調達価格高騰などで営業赤字となった自動車事業の不振を補った。円安も収益に寄与した。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中