2024年 4月 22日 (月)

Zホールディングス、ヤフー、LINEが合併へ 複雑な組織構造を打開し、意思決定の一本化&迅速化は進むか?

   Zホールディングス(HD)と、その傘下にあるヤフー、LINEの計3社が、2023年度中をめどに合併することになった。

   合併方式や詳細な日程などは今後詰めるというから、よくある親会社が子会社を吸収するという単純なことではないようだ。ZHDとLINEは21年3月に経営統合したものの、成果は乏しいとされる。今回の合併で経営の意思決定を迅速化し、成長加速を図るという。

   現状の何が問題で、それをどう変えようというのか。

  • Zホールディングス、ヤフー、LINEが合併へ(写真はイメージ)
    Zホールディングス、ヤフー、LINEが合併へ(写真はイメージ)
  • Zホールディングス、ヤフー、LINEが合併へ(写真はイメージ)

ZHDの親会社にソフトバンクとネイバー 4層からなる複雑な組織構造

「過渡期的には機能したが、より統合を推進するため、意思決定の一本化と迅速化をする」

   ZHDの川辺健太郎社長共同最高経営責任者(CEO)が合併発表の会見(2023年2月2日)で述べた言葉に、今回の決定の狙いが込められている。

   それを読み解くために、この間の経緯を振り返っておこう。

   ZHDとLINEは2019年11月に統合を発表し、21年3月までに手続きを終えたが、組織は複雑だ。

   それぞれの親会社であるソフトバンクと韓国ネイバーが50%ずつを出資する統合会社を設け、その傘下にZHDを置いている。さらに、ZHDの完全子会社として、LINEやヤフー、アパレルEC(電子商取引)のZOZO、事務機器通信販売事業のアスクル、宿泊予約サイトの一休などがぶら下がる4層構造だ。22年10月には、ソフトバンクとZHDが共同で、スマートフォン決済のPayPay(ペイペイ)を連結子会社化している。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中