2024年 4月 13日 (土)

米国の利上げ長期化観測から、ドル買い意欲強まる...今週の展望は?(2月27日~3月3日)【株と為替 今週のねらい目】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 弱含みの展開か 相場の材料は再び日米の金融政策に移りつつある

東京株式市場見通し(2月27日~3月3日)
日経平均株価予想レンジ:2万7000円~2万7800円

2023年2月24日(金)終値 2万7453円48銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、弱含みの展開か。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、続落した。24日に次期日銀総裁候補の植田和男氏が衆院での所信聴取で金融緩和を継続する姿勢を示したことで上昇したが、前週比でプラスに転じることはできなかった。

   今週の日経平均株価は、弱含みの展開となりそうだ。

   米国の経済指標が市場予想を上回るものが多くなっており、再び、インフレ懸念が台頭している。米国の長期金利も上昇しており、米国の利上げ長期化観測が強まるなど、米国株が下げ基調を強めていることで、日経平均株価の悪材料となっている。ただ、米国の長期金利上昇によって為替円安が進んでいることが、日経平均株価の下支え要因となりそうだ。

   相場の材料は再び日米の金融政策に移りつつあり、3月10日の黒田総裁最後の日銀金融政策決定会合と、同日の米国の2月雇用統計発表を意識した動きになるだろう。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中