2024年 2月 28日 (水)

ロッテリア、外食大手ゼンショーHD入りの衝撃 熾烈なハンバーガー業界で巻き返しへ、課題の「メニュー開発力」は高められるか?

   ハンバーガーチェーン「ロッテリア」の身売りというニュースに衝撃を受けた消費者も多いだろう。ロッテホールディングス(HD)が2023年2月16日、完全子会社のロッテリアの全株式を、4月1日付で外食大手ゼンショーHDの子会社に売却すると発表したのだ。

   コロナ禍で持ち帰りや宅配で好調と思われていたハンバーガーチェーンだが、ロッテリアは苦戦していた。売るロッテHD、買うゼンショーHD、それぞれの事情と狙いは?

  • ロッテHD、ゼンショーHD、それぞれの事情と狙いは?(写真はイメージ)
    ロッテHD、ゼンショーHD、それぞれの事情と狙いは?(写真はイメージ)
  • ロッテHD、ゼンショーHD、それぞれの事情と狙いは?(写真はイメージ)

22年3月期までの5年間で2度の赤字と苦戦 「ロッテリア」ブランドは一定期間、継続の見通し

   ロッテHDは、ロッテリア売却について「多様な業態での事業展開を進めるなか、ロッテリアの位置づけについて慎重に検討した結果、最適なパートナーのもとで、ロッテリアのさらなる成長を実現することがベストな選択と判断した」と説明した。売却価格は非公表。「ロッテリア」ブランドは一定期間、継続されるという。

   ロッテリアは1972年に東京・日本橋に1号店を出店し、マクドナルド、モスバーガーに次ぐハンバーガーチェーンとしての地位を築いてきた。だが、22年3月期までの5年間で2度の赤字を記録するなど、ここ数年は苦戦が続いていた。

   2009年には500を超えていた国内店舗数も、2023年1月時点で358店舗にまで減り、マクドナルド(22年12月時点2967店)、モスバーガー(23年2月時点1274店)に水をあけられている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中