2024年 4月 17日 (水)

スマホ「満足度」ランキング意外な結果! シェアトップ3の「docomo」「au」「SoftBank」ワースト3に...切磋琢磨する「格安スマホ」見習っては?!

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   携帯電話料金の値下げ競争がひと段落した今、いったいどこのスマホサービスの「満足度」が高いだろうか。

   モバイル専門の市場調査会社「MMD研究所」(東京都港区)が2023年3月7~9日、携帯電話大手4社のユーザーを対象に行なった「2023年2月MNOのシェア・満足度調査」と、格安スマホのユーザーを対象に行なった「2023年2月MVNOのシェア・満足度調査」を発表した。

   これをみると、格安スマホでは「満足度」の差はほとんどないのに、大手のサービスでは、シェアがダントツ1位の「docomo」が、「総合満足度」では下から2番目になるなどバラツキが目立つ。いったい、携帯大手はどうなっているのか。

  • スマホはどこのサービスがいい?(写真はイメージ)
    スマホはどこのサービスがいい?(写真はイメージ)
  • スマホはどこのサービスがいい?(写真はイメージ)

大手のシェア...「docomo」がダントツ、次いで「au」「SoftBank」

   MMD研究所の調査は、スマホを所有している18歳~69歳の男女4万を対象に行われた。

   大手4社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル)の調査対象となったサービスは、次の計9つだ。主力プランである「docomo」(NTTドコモ)、「au」(KDDI)、「SoftBank」(ソフトバンク)、「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」(楽天モバイル)と、サブプランの「ahamo」(NTTドコモ)、「povo」(KDDI)、「UQ mobile」(KDDI)、「LINEMO」(ソフトバンク)、「Y!mobile」(ソフトバンク)。

総合満足度が高いサービスは?(写真はイメージ)
総合満足度が高いサービスは?(写真はイメージ)

   まず、メインで利用しているサービスの利用率(シェア)を聞くと、圧倒的1位は「docomo」(29.1%)。次いで、「au」(17.2%)、「SoftBank」(11.0%)、「Y!mobile」(9.5%)、「Rakuten UN-LIMIT」(7.4%)、「UQ mobile」(7.1%)、「ahamo」(5.3%)、「povo」(2.4%)、「LINEMO」(1.3%)という順番になった【図表1】。

(図表1)メインとサブ利用の大手9サービス(MMD研究所の作成)
(図表1)メインとサブ利用の大手9サービス(MMD研究所の作成)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中