2024年 4月 21日 (日)

中小企業のDX、大丈夫? 話題だけど...経営者の3人に1人が「よく知らない」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   いまや「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が話題にならない日はない。

   企業がビッグデータやAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)をはじめとするデジタル技術を活用して、業務プロセスの改善や商品・サービス、ビジネスモデルを変革するとともに、組織や企業風土、文化をも改革していくDX。ところが、中小企業の経営者の3人に1人が「DXをよく知らない」ことがわかった。

   GreenとDigitalを活用した中小企業の変革を目指すフォーバルGDXリサーチ研究所(東京都渋谷区)が、1619人の中小企業の経営者に「中小企業のDXに関する実態調査」を実施。2023年3月6日に発表した。

   人材不足などの厳しい経営状況もあって、自身の会社が「DXに取り組めていない」と答えた経営者は49.2%と、約半数にのぼっている。

DXへの認知、意識が低い実態が明らかに...

   調査によると、中小企業の経営者に「DXとは何か知っているか」と聞いたところ、「聞いたことはあるが、よく知らない」(21.9%)と「知らない」(8.2%)を合わせた30.1%の人が、DXについて「よく知らない」と答えた。【図1参照】

kaisha_20230314150845.jpg
図1 中小企業の経営者の3人に1人がDXについて「よく知らない」と回答した(フォーバルGDXリサーチ研究所調べ)

   また、49.4%と約半数の人が「知っているが、説明できるほどではない」と回答。デジタル庁の発足やDX投資促進税制の導入などDX化への動きが加速するなか、中小企業ではまだDXについての理解が十分でなく、DXへの認知、意識が低い実態が明らかになった。

   フォーバルGDXリサーチ研究所は、

「(DXへの)有効的な施策を実行するのは困難な状況であると推察される」

としている。

   次いで、「あなたの企業はDXに取り組めていますか?」と質問したところ、50.8%と約半数が「取り組めている」と回答。そのうえで、「取り組めている」と答えた経営者に、取り組みのレベルを、下記のステップ1から3に分けて聞いたところ、60.6%の人がステップ1の「意識改革」にとどまっていることがわかった。

   DXによって、実務の課題解決にまで到達できている中小企業はごく少数であると推察される。【図2参照】

kaisha_20230314150935.jpg
図2 自身の会社のDXは「意識改革」レベル......(フォーバルGDXリサーチ研究所調べ)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中