2024年 4月 23日 (火)

シリコンバレーバンクの破綻、日本や今後への影響は?【馬医金満のマネー通信】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   今回は、世間で騒がれているシリコンバレーバンクの破綻に注目しました。

22年末時点の総資産は約28兆円、資産規模は全米16位

   2023年3月10日、シリコンバレーバンク(SVB)が米連邦預金保険公社によって経営破綻が宣告され、事業を停止するとともに、管理下に入ることが発表されました。

   SVBは1983年に創業された中堅の銀行で、口座開設のスムースさなどが評判で、ベンチャー企業を中心に顧客を保有しています。2022年末時点の総資産は約2090億ドル(約28兆円)で、資産規模は全米16位となっていました。

   直近の金融緩和による資金余剰により、ベンチャーへの投資は過去最高となり、3月末時点での預金残高は前年比6割増の1980億ドルと大幅に増加していました。

   その中で投資有価証券の運用を行なっておりましたが、利上げの開始に伴い、保有する債券の含み損が拡大し、急激な含み損が増えていきました。また、その中でベンチャー企業の多くが取り付け騒ぎを起こし、急速な破綻へとつながっていきました。

   今回の一件は、SNSを中心に広がったことも含め、非常に特徴的な事例かと考えています。

   日本への影響も気になるところですが、SVBのようにベンチャーなどの特徴を持った顧客層の銀行がそこまで多くないので、影響は限定的ではないかと考えています。一方で、アメリカでの中堅銀行でいくつか破綻懸念先も出てきており、そちらに波及すると話が大きくなるように感じています。

   ではまた!(馬医金満)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中