2024年 4月 14日 (日)

米国発の金融システム不安、まだまだ予断許さず...今週の米FOMCは最大注目(3月20日~3月24日)【株と為替 今週のねらい目】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 上値の重い展開か 先週は、世界的な株安に...欧州のクレディ・スイス問題影響

東京株式市場見通し(3月20日~24日)
日経平均株価予想レンジ:2万6600円~2万7700円

2023年3月17日(金)終値 2万7333円79銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、上値の重い展開か。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、3週間ぶりに反落した。米国のシリコンバレー銀行の経営破綻に端を発した金融システム不安は、欧州のクレディ・スイスにも飛び火するなど、世界的な株安となった。日経平均株価も一時は2万7000円を割り込む事態に見舞われた。

   今週の日経平均株価は、引き続き、上値の重い展開が続きそうだ。

   いったんは落ち着きを取り戻しつつある米国発の金融システム不安だが、まだまだ予断は許さない状況だ。今後も銀行の経営危機が取り沙汰される状況は十分に考えられる。

   このような状況の中で、最も注目されるのは、21~22日のFOMC(米連邦公開市場委員会)だ。

   市場では0.25%の利上げを見込む向きが多いが、一方で金融システム不安を背景に利上げを停止するとの観測も強い。また、今回は今後の政策金利見通し(ドットチャート)が公表されるため、一段の注目を集めている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中