2024年 3月 2日 (土)

ゲオHD社員の平均給与「41歳で500万円」だけど、実はもっと? 気になる業績や株価もチェック!【よくわかる企業分析】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   就職先や転職先、投資先を選ぶとき、会社の業績だけでなく従業員数や給与の増減も気になりませんか?

   上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、メディアショップ「GEO」やリユースショップチェーンストア「2nd STREET」の運営を行うゲオグループの持株会社、ゲオホールディングス(ゲオHD)です。

   1986年、愛知県豊田市にビデオレンタル店を開業。各地の企業を民事再生支援を通じて100%子会社化しながら事業規模を拡大してきました。2004年に東証一部(現プライム)への上場後もM&Aを繰り返し、2019年のおお蔵で主な買収は14社目となります。

コロナ禍で一時最終赤字も...直近では回復傾向

   それではまず、ゲオHDの近年の業績の推移を見てみましょう。

   ゲオHDの売上高はここ数期、右肩上がりに伸びています。2019年3月期こそ前期比減となっていますが、代わりに営業利益が急増し、営業利益率も5.4%に。最終利益も100億円を超えました。

   翌期からも、売上高の増加が続きますが、営業利益は減少。2021年3月期には営業利益率が1.3%まで落ち込み、7.5億円の最終赤字に転落します。

   この背景にはコロナ禍があり、DVD等映像レンタルは第1四半期に巣ごもり需要が発生したものの、通期では悪化し、業績不振店舗の減損損失を特別損失として計上しています。

   2022年3月期は、下期以降の外出自粛ムード緩和に準じる形で業績が回復し、見事に増収増益を果たしました。

   2023年3月期の業績予想は当初、売上高が前期比4.5%増の3500億円とわずかに増加するものの、営業利益は同14.4%減の70億円、最終利益も同36.5%減の38億円と見込んでいました。

   ところが、第2四半期決算時に上方修正を発表し、営業利益を同22.3%増の100億円、最終利益を同3.9%減の57.5億円としています。

こたつ経営研究会
こたつ経営研究会
有価証券報告書や決算説明書などの公開情報を分析し、会社の内情に思いをめぐらすニューノーマルな引きこもり。昼間は在宅勤務のサラリーマンをしながらデイトレード、夜はネットゲームをしたりこたつ記事を書いたりしている。好きなピアニストはグレン・グールド。嫌いな言葉は「スクープは足で稼げ」。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中