2024年 5月 30日 (木)

行楽シーズンを直撃! 遊園地・水族館・動物園の4割は入場料アップ...「強気」の価格設定のテーマパークも

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   関東の桜も咲きほこり、春の行楽シーズンを迎えている。しかし、行楽地で子どもを遊ばせたいというご家庭には、頭が痛い調査結果が出ている。

   帝国データバンクが2023年3月22日に発表した2023年春休みシーズン「テーマパーク」価格調査の結果がそれだ。

   この調査によると、遊園地・水族館・動物園などを含めたテーマパークの4割がチケット値上げを予定していることがわかった。入場・入館チケットの値上げを予定しているのは、全国の主要な190施設のうち70施設に及ぶという。

   原因はコロナ過による客足の減少と燃料や電気代、飼料などコスト高騰が響き、「値上げに踏み切らざるを得ない」という施設側の苦渋の決断があるそうだ。

   帝国データバンクの担当者によると、人気の高い東京ディズニーリゾートとユニバーサル・スタジオ・ジャパン、富士急ハイランドなどは、人件費の上昇などもあって価格改定後も「強気」の値段設定で4月以降も営業していくようだ、と話していた。

  • 電気代の上昇が重荷になっている(写真はイメージです)
    電気代の上昇が重荷になっている(写真はイメージです)
  • 電気代の上昇が重荷になっている(写真はイメージです)

チケット代平均価格...2022年の1654円から、1739円に上昇

   この調査は、全国の主要な遊園地や水族館、動物園など計190施設のテーマパークにおける2022年から2023年4月時点の入場(入館)チケットの販売価格を調査するもの。ここでいう入場料とは、施設へ入館するために必須となるチケット代を示しており、1dayパスなどに付属する入場料も含めている。

(帝国データバンクの作成)
(帝国データバンクの作成)
(帝国データバンクの作成)
(帝国データバンクの作成)

   結果をみてみると、190施設のうち、「入場・入館料の値上げ」を予定している施設は62施設となり、「乗り放題券などの値上げ」を予定しているのは8施設で、合わせて70施設(36.8%)が値上げを予定しているという。

   チケット代の平均価格は2022年の1654円から1739円と85円の上昇となった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中