2024年 4月 14日 (日)

ライターとして稼ぎたいなら...先延ばししなければ、成功に近づく?【尾藤克之のオススメ】

「やらなきゃならないことがたくさんあるのに、どうも気が乗らない」
「だから、ついつい先延ばししてしまう」
「結果的には仕事がつまり、さらに大変なことに......」

   今回取り上げたいのは、2020年6月、「日本一ネット」というウェブサイトで書評執筆本数日本一として「認定」された著者・印南敦史さんの本。多くの連載を抱えている印南さんが、先延ばしで困ったことになってしまう人に向けて、先延ばしせずにやり続ける習慣と秘訣と技術を伝授する一冊である。

「先延ばしをなくす朝の習慣」(印南敦史著)秀和システム

コツコツと連載を継続できた理由とは?

   著者の印南(いんなみ)さんが連載を続けてこられた理由は、いたってシンプルだと言う。疑問を抱くことなく、いただいた仕事をただ愚直に続けてきた結果だ、と。

「なぜ疑問を抱かなかったかといえば、『書評を書きませんか?』と話をいただいたときに、ものすごくうれしかったから。ちょうど仕事がなかった時期だったので、『仕事をいただけてありがたい』という感謝の気持ちでいっぱいだったのです。そんな思いを忘れず続けてきた結果、気がつけばこれだけの時間が過ぎていたというだけのこと」(印南さん)
「かっこつけたいわけではなく、本当にそれだけの話なのです。そのせいか、いわゆる『先延ばし』をしたことはほとんどありませんでした。もちろん人間ですから、『なんとなくやる気が出ないなあ......』と思うようなことは何度でもありましたけれど、『だから先延ばしにしちゃえ』という発想にいたることはあまりなかったのです」(同)

   印南さんの連載は、日刊のものが多い。毎日締め切りがあるので、穴を開けることができなかったと言う。先延ばしを繰り返せば、信頼を毀損しかねない。

「約束を破った以上は『あいつにはよくない過去がある』という印象はついて回ることになります。それはビジネスパーソンとして非常に不利で、みすみすチャンスを逃すことにもなりかねません。少なくとも僕は、一時的にモチベーションが上がらなかったというだけの理由で、チャンスを失いたくはないと考えているのです」(印南さん)
「毎日続けてきた結果として確実にわかったことがあります。先延ばしせずにきちんとやって約束を守っていれば、目の前のそのタスクを軸として、仕事全般にまつわるすべてがうまくいくようになっていくものだということ。クライアントから『約束を守る人だ』と思ってもらえるようになれば、次の仕事につながっていくことになるわけです」(同)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中