2024年 5月 22日 (水)

化学大手・日本触媒株、8.9%安...今期下方修正を嫌気 主力の「高吸水性樹脂」など販売数量減で苦戦

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   化学大手、日本触媒の株価が2023年3月23日の東京株式市場で一時、前日終値比475円(8.9%)安の4995円まで下落した。2022年3月9日につけた昨年来安値(4985円)に迫り、約1年ぶりの安値になった。前日22日に2023年3月期連結決算の業績予想を下方修正したことが投資家に嫌気され、売りを集めた。

「電子情報材料分野」ではディスプレイ需要の回復遅れも、落ち込み要因に

   下方修正の内容を確認しておこう。売上高は従来予想比200億円少ない4200億円(前期比13.7%増)、営業利益は従来予想比55億円少ない210億円(前期比27.2%減)、最終利益は従来予想比40億円少ない170億円(前期比28.3%減)と、軒並み落ち込むと予想している。

   要因は、(1)紙おむつなどに使われる主力の高吸水性樹脂などが、需要減退や顧客の在庫調整などによって想定以上に販売数量の減少を招く、(2)電子情報材料の分野でもディスプレイ需要の回復の遅れにより関連製品の販売数量が減少する、(3)電子情報材料の一部の製品で減損損失を計上することが営業利益や最終利益の減益に響く――などだ。

   ただ、期末配当予想については、1株当たり90円とすることを変更しなかった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中