2024年 5月 29日 (水)

反撃のトヨタEV...3年後は150万台の意欲目標! 佐藤恒治社長・新体制のもと、「EVファースト」事業体制へ「変革」始まる

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   トヨタ自動車が新たな電気自動車(EV)の戦略を発表した。2026年に年150万台の販売を目指すという意欲的なものだ。

   EV専業の米テスラのほか、欧米や中国の自動車メーカーがEVシフトを進めるなか、EVでの出遅れも指摘されてきたトヨタが、いよいよ本格的に事業体制を整えて反撃にうって出る。

  • 佐藤恒治社長。トヨタ新体制方針説明会(プレスリリースより)
    佐藤恒治社長。トヨタ新体制方針説明会(プレスリリースより)
  • 佐藤恒治社長。トヨタ新体制方針説明会(プレスリリースより)

22年の世界EV販売、約2万台のトヨタは27位 1位は131万台のテスラ

   約14年ぶりの社長交代で創業家出身の豊田章男会長から2023年4月1日付でトップを引き継いだ佐藤恒治社長が7日、東京都内で今後の方針に関する説明会を開いた。

   調査会社マークラインズによると、2022年の世界のEV販売は780万台(自動車販売全体の約10%)だった。テスラが前年比4割増の131万台でトップ、中国BYDが80万台、以下米ゼネラルモーターズ(GM)、独フォルクスワーゲン(VW)などが続く。

   トヨタは約2万台で27位。初の専用EVである「bZ4X」を投入したもののリコールを届け出るなどもあって、順調とはいいがたい状況にある。

   J-CAST 会社ウォッチ「トヨタEVシフト 『本気度』をアピールも350万台目標に世界はさらなる上積みを求めるかも......」(2021年12月31日付)で報じたように、トヨタは2021年末、2030年にEVを30車種そろえ、世界で年350万台販売する目標を発表済みで、今回の「26年に年150万台」は、その中間目標という位置づけだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中