2024年 5月 25日 (土)

「今、いちばん意味のあること」はできていますか?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   企業だけでなく、私たち個人にも「長期戦略」が必要だ。

   本書「ロングゲーム」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、個人にとって「長期的な思考」の重要性を説いた一冊。副題は、「今、自分にとっていちばん意味のあることをするために」。「世界のトップ経営思想家50人」に選ばれたアメリカの経営学者による日本初の本である。

「ロングゲーム」(ドニー・クラーク著、伊藤守監修、桜田直美訳)ディスカヴァー・トゥエンティワン

   著者のドニー・クラークさんは、デューク大学フクア経営大学院とコロンビア大学ビジネススクールのエグゼクティブ教育コースで教鞭を執る。2年に1度発表される、世界で最も影響力のある経営思想家ランキング「Thinkers50」に2019年、21年ランキング入りした。

オンラインの仕事のおかげで、コロナ禍に打ち克つ 「長期戦略」が功を奏す

   著者は2013年に最初の本を出版してから、講演の依頼を受けることが多くなった。世界中を飛び回る中で、もっと長い目で見た人生の計画を立てたいと思うようになった。

   答えはわかっていた。「実際にその場にいなくてもお金を稼げる方法」を見つけることだ。つまり、「自分の時間を売ってお金を稼ぐ」のをやめればいい。

   そこで始めたのが、オンラインコースの仕事だった。

   そのころはパンデミックのことは予想もしていなかった。そしてコロナ禍。「長期の思考」で準備を重ねてきたからこそ、オンラインコースのおかげで、最悪の業績になってもおかしくなかった1年を、最も成功した1年にすることができたという。

   「長期の思考」があれば、危機のときに助けになる。「長期の思考」は、最も大切な目標に向けて歩む力になるという。

   本書は、「余白」「集中」「信念」の3つのパートに分かれている。

   最初は「余白」だ。

   忙しく仕事をしていると、それだけで成功の道を進んでいるように感じてしまう。しかし、間違ったことを優先してしまっている可能性もある。著者は「忙しさ」の定義を考え直すよう提案している。

   「忙しい人」は、「仕事ができる人」ではない。むしろ、「自分のスケジュールさえコントロールできない人」だと。

   そう考えれば、忙しさの魅力も半減するだろう。本当に大切なことを中心にスケジュールを組む。やろうと思えば、仕事はいくらでも増やすことができる。だから自分なりの境界線をきちんと決めなければならない。

   「ノー」と言うことの重要性を説いている。

   他人の要求ばかリ応えていると、スケジュールがぐちゃぐちゃになるからだ。自分が本当にやりたいものにだけ「イエス」と言おう。依頼や要求を選別するいい方法は、「相手にさらに情報を求めること」だという。

   多くの人はそこで脱落する。人にものを頼む前にきちんと下調べができないなら、こちらも依頼に応える必要はない。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中