2024年 5月 30日 (木)

OPECプラス、原油減産の「予想外」 原油相場は一時急騰 そして、米国の産油国への影響力低下が鮮明に

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   石油輸出国機構(OPEC)と、ロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」が原油の追加減産に踏み切った。予想外の動きとなり、市場は不意を突かれたかたちで、原油相場は急騰した。

   日欧米などはインフレへの警戒を強めるが、なにより、米国の中東へ、また産油国への影響力の後退を印象付けることになった。

  • OPECプラス、原油減産へ(写真はイメージ)
    OPECプラス、原油減産へ(写真はイメージ)
  • OPECプラス、原油減産へ(写真はイメージ)

サウジ、UAEなどが5月から116万バレルの追加減産

   OPECプラスは2023年4月2日、5月から計日量116万バレルの追加減産を表明した。22年11月から続けている日量200万バレルの減産に上乗せして供給を抑えるもので、原油相場を下支えする狙いだ。

   OPECプラスはコロナ禍による需要減退を受け、2020年5月から1年余り減産を実施した。だが、世界経済の回復に伴い2021年8月から22年8月まで毎月、段階的に増産してほぼコロナ前水準を回復。さらに追加で9月に10万バレル増産したが、10月には8月水準に戻し、さらに11月から200万バレルの追加減産に踏み切っていた。

   ロイター通信によると、主なところでは、今回はサウジアラビアが50万バレル、イラクが21.1万バレル、アラブ首長国連邦(UAE)は14.4万バレル、クウェートも12.8万バレル、それぞれ自主減産する。

   ロシアは主要7か国(G7)などの制裁による輸出減に対応して、2月に表明した50万バレルの減産を23年末まで続けるという。

   これらすべてを合わせた減産幅は22年11月からの200万バレル、ロシアの50万バレルに新たな116万バレルを加え366万バレル、世界需要の3.7%相当する。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中