「この会社に入って本当によかった!」Z世代新入社員が選ぶ「働きがいのある企業ランキング」...コロナ禍で行き着いた魅力あふれる「魂の企業」とは?

   「ああ、仕事にやりがいがある! 毎日会社に行くのが楽しい! 本当にこの会社に入ってよかった~!」と、心の底から思える企業で働けるのは幸せだ。特に、コロナ禍で苦難の就職活動を行なった新人にとっては――。

   就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク(東京都渋谷区)が2023年4月19日、「コロナ時代の新入社員が選ぶ『働きがいのある企業ランキング』」を発表した。

   多様な価値観を持つZ世代の新人がコロナ禍で行き着いた、仕事に生きがいを見いだせる「魂の企業」には、どんな魅力や風土があるのか。

  • この会社に入って本当によかった!(写真はイメージ)
    この会社に入って本当によかった!(写真はイメージ)
  • この会社に入って本当によかった!(写真はイメージ)

コンサル、IT、広告代理店、人材サービス&「ユニクロ」系が3社

   OpenWorkは、社会人の会員ユーザーが自分の勤め先の企業や官公庁など職場の情報を投稿する国内最大規模のクチコミサイト。会員数は約550万人(2023年3月時点)という。

   OpenWorkでは、企業の評価を「待遇面の満足度」「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代成長環境」「人材の長期育成」「法令順守意識」「人事評価の適正感」の8つの指標を5段階で評価している。

   今回のランキングは、コロナ時代の新入社員による、こうした8つの指標を合わせた「総合評価」スコアの高さで集計した。コロナ禍で就職活動を行なった2020年、2021年入社の新人のクチコミに限定して分析している。

   その結果、1位に米国に本拠を置く世界最大の一般消費財メーカーのP&Gジャパン、2位に米国のクラウド・コンピューティング・サービスのセールスフォース・ジャパン、3位に米国に本拠を置く世界最大規模の会計事務所デロイト トーマツ コンサルティング、4位に日本の総合商社三井物産、5位に日本のコンサルタント企業ベイカレント・コンサルティングが選ばれた【図表】。

(図表)コロナ時代の新入社員が選ぶ「働きがいのある企業ランキング」(OpenWorkの作成)
(図表)コロナ時代の新入社員が選ぶ「働きがいのある企業ランキング」(OpenWorkの作成)

   さらに、6位に日本のコンサルタント企業アビームコンサルティング、7位に日本の総合人材サービスのクイック、8位に日本の総合人材サービスのレバレジーズ、9位に日本のITコンサルティングファームのフューチャーアークテクト、10位に日本のインターネットメディア・広告のサイバーエージェントが選ばれた【再び図表】。

   上位10社中、トップ3を米国企業が独占しているが、残り7社はすべて日系企業。10社中、4社がコンサルタント企業だ。全体を見渡しても、上位30社中7社がコンサルティング系企業で、業界の比率としては一番高い。

   しかし、ほかにIT・インターネット・広告代理店といった情報産業系企業や、人材サービス系など多種多様な業界業種の企業が並んだのが特徴だ。そんな中でも製造小売であるファーストリテイリングや、その傘下であるユニクロ、ジーユーの3社がランクインしたことが目立つ。

姉妹サイト