2024年 4月 13日 (土)

あなたのゴールデンウィークの予算は? 調査で判明...平均額は前年度1.7倍の2万7870円!

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新年度が始まってはじめての大型連休であるゴールデンウィーク(GW)が始まります。お泊り旅行はもちろん、日帰り観光の準備はすんでいますか?

   マーケティングリサーチのインテージ(東京都千代田区)が2023年4月19日に発表した「ゴールデンウィーク」に関する調査によると、GWの平均予算額は2万7870円で昨年度の1.7倍。また、同社の試算によれば、GW市場規模は2兆7114億円に上ることが明らかになった。

   また、ことしのGWの平均的な連休数は7日間で、9日以上の人は「14.6%」いるという実態がわかった。

   調査結果を受けた総括では「『4月』という新しい季節を迎え、『今年は昨年よりもお出かけもアクティブに!』という動きが活発になりそう」という。

  • GWはアクティブに!(写真はイメージです)
    GWはアクティブに!(写真はイメージです)
  • GWはアクティブに!(写真はイメージです)

連休の予定は「自宅で過ごす」減少 「ショッピング」「外食」「国内旅行」が増加!

   この調査は全国の15~79歳の男女を対象として、同社「マイティモニター」より抽出しアンケート配信し、2768件の回答を得た。

(インテージの作成)
(インテージの作成)

   はじめに、GWに予算をどのくらい準備しているかを聞いたところ、平均は2万7870円となった。昨年の支出予想金額は1万6407円だったことから、予算的には約1万1500円(1.7倍)の増加となる。

   同社によるゴールデンウィーク市場規模についての説明では、

「調査結果と15~79歳の推定人口(使用した推定人口は、2020年の国勢調査データをもとに人口動態などを加味したインテージ独自の母集団人口データ)から『GW市場規模』を試算したところ、2023年の見込みは2兆7,114億円で2022年の1兆5,874億円より1兆1,240億円多くなりました。
今年はお財布の紐もそれなりに緩めて、『アクティブに過ごしたい』という想いを反映したとも言える結果となりました」

   と発表している。

(インテージの作成)
(インテージの作成)

   つぎに、今年のGWの過ごし方を複数回答で質問した。

   「未定」(38%)を除くと、過去2年の結果同様に「自宅で過ごす」(34.9%)が最も多い回答となった。昨年と比較して3ポイントほど減少しているが依然として多く、「制限が緩和されても慎重に過ごしたい」、「ひとまず自宅にいる」といった層も一定いるようだ。 一方では「ショッピング」が「23.5%」、「外食」が「18.9%」、「国内旅行」が「14.4%」が伸びている。

   ほかに、10位以内にランクインしないが、「海外旅行」(1%程度)も昨年のおよそ2倍となった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中