2024年 4月 13日 (土)

ゴールデンウィーク間近! 海外・国内の人気旅行地はどこ?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   コロナ禍の落ち着いたゴールデンウィーク(GW)。もう旅行の予約や旅程の組み立てはすんでいますか?

   エイチ・アイ・エス(東京都港区)が2023年4月14日に発表した2023年ゴールデンウィーク旅行予約動向の予測結果をみると、海外旅行は前年比20倍の数字となり、東南アジア・東アジアの近距離路線が人気を博しているという。

   また、国内旅行のことしの総合予約数の順位は1位が沖縄、2位が北海道、3位が長崎となり、人気出発日は5月3日となった。

   まだ行き先が決まってない人もせっかくのお休みには、コロナ明けの羽を伸ばしに出かけてみては?

  • 人気の旅行先はどこなのか?(写真はイメージです)
    人気の旅行先はどこなのか?(写真はイメージです)
  • 人気の旅行先はどこなのか?(写真はイメージです)

【海外旅行】人気3位・ハワイ・ホノルル、2位タイ・バンコク...では1位は?

   この調査は同社が2023年4月5日にHISのツアー、ダイナミックパッケージ、航空券の予約件数を調べたもの。調査対象出発日は4月29日から5月7日まで。

   同社では調査背景として

「新型コロナウイルスが発生し3年が経過した現在は国際的な人の往来が再開し、世界では欧米を中心にマーケットは著しく回復しております。
国内においては今年3月にマスク着用の考え方の見直しがされ、5月には新型コロナウイルスの感染症法上の分類を5類に引き下げることが決まっており、人々の行動も平時に戻りつつあります。
海外旅行では回復の遅れのネックとなっていた航空座席供給数も徐々に回復しており、夏期スケジュールから運航を再開・増便する路線が拡大しております」

   としている。

   調査結果をみると、海外旅行全体では前年比で2003.4%(20倍)の予約が入っており、大きく伸びている。コロナ前の2019年比では、当時の日並びが土日祝日のみで成り立つ10連休によって、19年比30.4%と縮小している。

   また、海外旅行の平均単価は20万1100円(前年比107.4%、2019年比123.1%)。これまでのコロナ禍で貯めておいた旅行資金を使いたい人が多いという。

(エイチ・アイ・エスの作成)
(エイチ・アイ・エスの作成)

   海外の人気の旅行先をみてみると、5位は韓国・プサン、4位はタイ・バンコク、3位はハワイ・ホノルル、2位は台湾・台北となり、1位は韓国・ソウルという結果になった。上位には日本から比較的近距離の3都市がランクインした。

   同社では

「年末から続くソウル人気に続き、前年はランク外だった台北が急上昇しております。 長らく続いていた台湾到着後の自己健康管理、空港到着後の検査は不要となり、軽症者の隔離措置も解除されるなど、水際対策を大幅に緩和したことにより、旅行先として再び人気が高まっております。
前年より20ポイント落ちたものの長距離路線も2割弱を占めており、ヨーロッパ方面が復調しております。中でもパリの人気が高く、2019年比でみても57.5%と他方面と比較して回復が早いのが特徴です」

   としている。

(エイチ・アイ・エスの作成)
(エイチ・アイ・エスの作成)

   続いて、人気の出発日を見てみると、2位が5月3日(水・祝)で「23.4%」、1位が4月29日(土・祝)で「25.2%」という結果になった。海外旅行する人は4月29日から休みを取り、9連休としている人が多いのかもしれない。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中