2024年 3月 2日 (土)

新入社員&2年目が「やる気をなくす」言葉No.1は...? 多彩なランキングから見える「若手の本音」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   新入社員が加わり、こないだまで新人だった2年目が、今度は彼ら彼女らの指導に当たる――そんな活気ある光景が、あなたの職場でも見られる時期かもしれない。

   そんななか、ソニー生命保険(東京都千代田区)が2023年4月20日に発表した「社会人1年目と2年目の意識調査2023」をみると、目標にしたいイメージに合う男性・女性芸能人にはそれぞれ「櫻井翔さん」と「天海祐希さん」がランクインし、新入社員にとってデキる先輩のイメージが明らかになった。

   また、「完全出社」と「完全リモートワーク」を択一で選ばせる質問では、出社が「54.7%」でテレワークは「45.3%」となり、同社は「出社して職場で少しでも多くの訓練を受け、少しでも早く人間関係を築きたいと思う新社会人のやる気と焦りが垣間見えます」とコメントする結果となっている。

  • 新入社員の初任給の使い道とは?(写真はイメージです)
    新入社員の初任給の使い道とは?(写真はイメージです)
  • 新入社員の初任給の使い道とは?(写真はイメージです)

初任給でしたいこと1位「貯金」、2位「生活費に充てる」、3位は「親に贈り物を買う」

   この調査は、2023年2月21日から2月24日まで、2023年春から働き始める社会人1年生、または、就職してから1年が経つ社会人2年生の20歳から29歳の男女を対象に実施した。今年で10回目。1年目500人と2年目500人の計1000人の有効サンプルの集計結果を公開したもの。

(ソニー生命の作成)
(ソニー生命の作成)

   まず、「社会人一年目のお金の使い方」について。

   社会人1年生に初任給をどのようなことに使いたいか聞いたところ、1位は「貯金に回す」(44.4%)、2位は「生活費(食費など)に充てる」(29.6%)、3位は「親への贈り物を買う」(27.4%)、4位は「親をご馳走につれていく」(25.8%)、5位は「自分にちょっと良い物を買う」(25.2%)という結果になった。これまで育ててくれた親に感謝の気持ちを表すことが3位と4位にランクインするなど、暖かい気持ちになる結果となった。

   ただ、社会人2年目が実際に初任給を何に使ったかを尋ねた結果では、「親への贈り物を買う」(22.6%)、「親をご馳走につれていく」(19.8%)は1年目の「使いたい」の数字よりやや割合が低めに。

(ソニー生命の作成)
(ソニー生命の作成)

   続いて、社会人2年目に初年度にかかったお金を聞いてみると、男女別にみると、かかった金額の平均は、「身だしなみ」では男性4万107円、女性4万4312円と、女性のほうが4205円高くなった。

   他方、「実家に入れた金額」では男性14万4428円、女性12万9459円と、男性のほうが1万4969円高くなる結果だった。

   平均値で一番高かったのが「プライベートな付き合い・交際」が平均で21万3448円。これは前年が17万68円だったので、比較すると4万3380円の上昇になる。。次いで「実家に入れた金額」が13万6944円、スーツや化粧品などの「身だしなみ」が4万2210円、セミナー参加・書籍購入の「自己投資」が2万4205円となった。

   「プライベートな付き合い・交際」の費用の大幅な上昇について 同社では、

「2022年3月21日をもって、新型コロナ感染拡大防止のためのまん延防止等重点措置がすべて解除されたため、友人などと交流する機会が増えた人が多いのではないでしょうか」

   と分析している。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中