2024年 4月 23日 (火)

いいモノを選ぶと、仕事は劇的に豊かになる!

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   手帳や文房具、タブレットなどガジェットに関心がある人は多いだろう。

   本書「デジタルライフ・モノワーカー」(KADOKAWA)は、モノ選びで劇的に豊かになる仕事術を説いた本である。

   著者はYouTubeの総再生回数2700万回超えのインフルエンサー。モノと出合い、働き方まで変わったという人だ。「モノ選びでもっと仕事を充実させたい」「最適な仕事環境を整えたい」という人におススメだ。

「デジタルライフ・モノワーカー」(高澤け-すけ著)KADOKAWA

   著者の高澤け-すけさんは、1992年生まれ。上智大学理工学部卒。ベンチャー企業を経て、Yahoo!JAPANでデジタルマーケティングに従事。その傍ら、ブログでライフスタイルを発信。2018年に独立し、YouTubeでガジェットや旅情報などを発信し、登録者は16万人を超える。

   タイトルの「デジタルライフ・モノワーカー」とは、「デジタルとモノを通して、理想的な生活を実現しながら働く人」という意味だ。

最高の相棒はApple製品

   高澤さんは、「平凡な人生だからこそ、モノに人生を助けられ、またその知見を多くの人に役立ててもらえると思っています」と執筆の動機を書いている。

   隅から隅まで考え抜いて選んだモノたちだからこそ、自分自身の最大のパフォーマンスを発揮できているという。

   モノ選びの心構えとして、「好き」のハードルを下げる、値段を理由にしないことを挙げている。

   選び方としては、体験が変わるモノ、最新のモノ、また「正解」以外のモノから選ぶことがポイントだ。

   出会い方としては、自分と同じ感覚のインフルエンサーを探す、とにかく触れて探す、フィルターの外にアンテナを張ることも大切で、時には直感に身を委ねることもあるそうだ。

   それでは、具体的にどんなモノを推奨しているのだろうか。

   高澤さんは、自分のモチベーションを上げてくれる最高の相棒として「Apple製品」をまず挙げている。MacBookに感動してから約10年。今ではPCだけでなくスマートフォンやタブレットまでApple製品で揃えているという。

   相互の連携が優れているのも特徴の1つ。「AirDrop」という写真や動画が一瞬でデバイス間を移動できる機能を評価している。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中