2024年 2月 24日 (土)

経営者の5人に1人が子どもの頃の夢を叶えている! もしも子どもに戻っても「また経営者になりたい」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   全国の中小企業経営者の5人に1人が、子どもの頃の夢を叶えて「経営者」になっていることが、エヌエヌ生命保険(東京都渋谷区)の調べでわかった。2023年4月27日に発表した

   また、経営者の23.0%が、もしも子どもに戻れるとしたら、また「経営者」になりたいと答え、最も多かった。

経営者の子どもの頃の夢は「経営者」だった

   調査によると、1031人の中小企業経営者に、「子どもの頃の夢は何ですか」と聞いたところ、最も多かったのは「経営者」の20.2%となった。全国の中小企業経営者の5人に1人が夢を叶えていることがわかった。【図1参照】

   子どものころの夢が「スポーツ選手」だった経営者は16.4%、会社員が6.7%、医療関係者の6.4%と続いた。

図1 子どもの頃の夢で最も多かったのは「経営者」の20.2%(エヌエヌ生命調べ)
図1 子どもの頃の夢で最も多かったのは「経営者」の20.2%(エヌエヌ生命調べ)

   年代別にみると、「経営者」の回答率が最も高かったのは50代で24.3%。次いで、30代の20.1%、40代の19.4%と続いた。

   また、60代は「運輸・航空関係者」(10.7%)が、20代は「料理人」(13.6%)が他の年代より高い結果となった。【図2参照】

kaisha_20230429110537.jpg
図2 「子どものころ経営者になりたかった」年代は50代が最多(エヌエヌ生命調べ)

   そして、「経営者になりたいと思ったのはいつからか」(n=1031)聞いたところ、「社会人になってから」が最も多く、56.5%を占めた。次いで、「大学生」が8.9%。「物心がついた頃から」と答えた経営者も7.8%いた。【図3参照】

kaisha_20230429110555.jpg
図3 経営者になりたいと思ったのは「社会人になってから」(エヌエヌ生命調べ)

   さらに、「経営者になりたいと思ったきっかけ」(n=1031)を聞いたところ、最も多かったのは「先代・親族・友人・知人に勧められた/頼まれた」の36.8%で、次いで「収入を増やしたかった」の27.4%、「周囲の経営者の影響」の20.6%と続いた。【図4参照】

   周囲の影響により経営者になることを選んだ人が多いことが浮き彫りになったが、「自身が経営者に向いていると思った」と答えた人も20.1%いた。

kaisha_20230429110609.jpg
図4 周囲の影響により経営者になることを選んだ人が多い(エヌエヌ生命調べ)

   これを年代別にみると、20代は「事業のアイデアを思いついた」が他年代と比べて高い22.4%、「収入を増やしたかった」は、20代と30代の若年層が他の年代と比べて5ポイント以上高いとの特徴があった。【図5参照】

kaisha_20230429110623.jpg
図5 「事業のアイデアが思いついた」20代は他の年代と比べて高かった(エヌエヌ生命調べ)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中