2024年 6月 18日 (火)

企業の人材獲得競争が過熱化! 初年度平均年収は、未経験者求人427.1万円、経験者求人517万円!

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   人材不足と人材獲得競争が過熱化している昨今は、転職者の初任給の状況にも影響を与えているのだろうか?

   そんななか、マイナビ(東京都千代田区)が2023年4月25日に発表した「正社員の平均初年度年収推移レポート」と「正社員求人件数・応募数推移レポート」における2023年1-3月期の総評を見てみると、平均初年度年収は455.9万円で、2018年平均から27.7万円の増加している実態が明らかになった。

   また、求人件数は調査開始時期の2018年と比較して「148.4%」となり、同社キャリアリサーチラボ研究員の朝比奈あかり氏は「今後も企業の人材獲得競争は高まり、特に経験者の採用が難しくなると予想しています」とコメントしている。

  • 人材獲保が困難な時代(写真はイメージです)
    人材獲保が困難な時代(写真はイメージです)
  • 人材獲保が困難な時代(写真はイメージです)

求人件数は2018年比で「148.4%」 昨年同期比でも18.2ポイントの増加

   この調査は2023年の1月から3月における、総合転職情報サイト「マイナビ転職」に掲載開始された求人情報、応募数から、雇用形態が正社員以外のデータを除いて集計したもの。対象エリアは全国47都道府県としている。

(マイナビの作成)
(マイナビの作成)

   はじめに、正社員の平均初年度年収は455.9万円(未経験者求人:427.1万円、経験者求人:517.0万円)となった。

   これは、調査を開始した2018年と比較すると、27.7万円の増加となる。未経験者求人は17.7万円の増加、経験者求人は29.1万円の増加になった。

   同社では

「特に経験者求人の給与待遇が上がっており、企業が即戦力採用に注力している様子がうかがえる」

   とコメントしている。

(マイナビの作成)
(マイナビの作成)

   続いて、求人件数は2018年と比べると「148.4%」で、2022年1-3月平均である「130.2%」から18.2ポイント増加した。

   同社のコメントをみると

「3カ月ごとの結果をみると、2022年から増加した求人件数は高止まりしており、昨今の人手不足を背景に、企業の人材獲得競争は今後も激しいものになると予想される。今後は給与待遇の改善やオフィス環境整備など、人材への投資を重要視する企業がさらに増えると考えられる」

   としている。

(マイナビの作成)
(マイナビの作成)

   また、求人の募集比率は、未経験者求人が2022年平均比1.6ポイント増の「67.9%」、経験者求人が「32.1%」となった。

   未経験者求人比率は2021年まで減少傾向だったが、2022年では増加に転じ、人手不足感の高まりから、募集の条件を未経験にまで広げる企業が増加しているようだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中