2024年 5月 20日 (月)

時給を高める働き方に必要な「能力」を高めるには?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ビジネスパーソンにとって30代、40代は、上司もいて、部下もいて、あるいは周囲の活躍も気になって...という悩み多き世代ではないでしょうか。

   当コラム「その仕事の悩み、こんなふうに考えてみよう。」では、キャリアや生活にまつわる悩みに、組織や人材開発、コーチングに詳しい「ひろ子ママ」が、アドバイスやエールをお送りしていきます。

◆きょうのお悩み

   きょうはMさんが、こんな疑問を抱えていらっしゃいました。

勤めている会社が「副業解禁」になって、副業をスタートさせたいと考えています。土日ではなく、平日の朝か夜での時間を有効に使いたいです。ただ実際には、平日は仕事が忙しく、結局は仕事だけで終わってしまう毎日です。上司やメンバーとのやりとりもあるので、自分一人では完結しないので業務のコントロールができないこともあります。業務を後回しにして早めに退勤するのではなく、就業業務時間内で業務を終わらせて副業の時間に充てたいな。

先を読んで考え、行動する...「段取り力」を高めてみよう

お悩み中

   副業に充てる時間を作るために、「段取り力」を高めてみましょう。「段取り」の語源は、歌舞伎の楽屋用語と言われています。歌舞伎界での「段」とは話の区切りや一幕を指して、芝居の筋や構成の運びを「段取り」と呼ぶそうです。

   段取りには以下のような意味があります。

・物事を進める上での手順や順序
・うまく進むように準備をすること
・心がまえをすること

   つまり「段取り力」とは「先を読んで考え、行動する力」のことです。段取り力を高めることで、「残業時間が減る」「プライベートの時間を確保できる」「まわりからの評価が高まる」といったメリットがあります。段取り力を高めると、Mさんも副業に充てる時間を作れそうですね!

   Mさんが言っているように、一人で仕事は完結しません。そこで、上司や部下とのやりとりを含めた「段取り力」を高める必要があります。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター

不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。鳥取県生まれ、大阪在住。多拠点生活に向けて活動中。
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中