2024年 5月 30日 (木)

内部告発で判明「ダイハツ認証不正」 不正続出に揺れるトヨタグループ...会社の巨大化、利益重視が遠因?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   トヨタ自動車グループの品質管理が揺らいでいる。複数の中核企業で不正行為が相次ぎ発覚しているためだ。

  • 揺らぐトヨタ自動車グループの品質管理
    揺らぐトヨタ自動車グループの品質管理
  • 揺らぐトヨタ自動車グループの品質管理

ダイハツ海外向け4車種、8万8000台...衝突試験をパスするため、本来の仕様にない加工

「信頼を裏切り、多大な迷惑をおかけすることになり申し訳ない」

   トヨタの完全子会社、ダイハツ工業の奥平総一郎社長は2023年4月28日、都内で緊急の記者会見を開き、内部告発で社内の不正行為が確認されことを発表し、うなだれた。

   同社によると、東南アジアなど海外向けに生産、開発された4車種について、認証に必要なドアの衝突試験をパスするため、本来の仕様にはない加工を施していたという。

   対象車種は約8万8000台。タイとマレーシアで生産しており、一部はOEM(相手先ブランド製造)供給によってトヨタブランドで販売されていた。

   トヨタの豊田章男会長も同日、自社のオンラインメディア「トヨタイムズ」で説明会を開き、「ダイハツ工業だけでなく、トヨタ自動車を含めた問題だ」と陳謝。原因究明と再発防止に全力で取り組むと強調した。

   ただ、再発防止の道は険しい。

   トヨタグループをめぐっては、J-CAST 会社ウォッチが「日野自動車のエンジン不正問題...商用車、建機メーカーにも影響 「先が見えない」広がる波紋、信頼失墜...再生の道どうなる?」(2022年08月14日付)などで報じてきたように、子会社の日野自動車で2022年春、排ガスや燃費のデータを改ざんする悪質な不正行為が発覚し、消費者の厳しい批判を浴びたばかりだ。

   「不正の連鎖」はこれだけに止まらない。

   23年3月には、豊田自動織機で排ガス認証をめぐる不正が発覚。今回、ダイハツでも不正が明らかになったことで、グループ全体の企業統治の危うさが浮き彫りになったかたちだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中