2024年 4月 25日 (木)

米国の債務上限問題が解決しなければ、米国債のデフォルトが徐々に現実味を帯び...(5月15日~5月19日)【株と為替 今週のねらい目】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

東京株式市場 神経質な展開か 好調な企業決算、円安進行は支援材料に

東京株式市場見通し(5月15日~19日)
日経平均株価予想レンジ:2万9000円~2万9600円

2023年5月12日(金)終値 2万9388円30銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、神経質な展開か。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、4週続伸。一時、2万9400円台と2021年11月以来の水準まで値を上げた。好調な企業決算に加え、円安進行が日経平均株価の支援材料となった。

   今週の日経平均株価は、神経質な展開となりそうだ。

   日経平均株価は順調に上昇基調を辿っているものの、3万円に近づいていることで、高値警戒感が強まっている。

   相場の支援材料だった企業決算も終盤に入っており、買い材料が減っている一方で、米国では米連邦政府の債務上限問題が解決しないことで、米国債の債務不履行(デフォルト)が徐々に現実味を帯びている。

   米国発の金融市場の混乱が取り沙汰される状況となっており、米国の債務上限問題の行方に市場は神経質な動きとなる可能性が高まっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中