2024年 5月 29日 (水)

卵と牛乳がピンチ?! エッグショックに続き...酪農業の倒産、過去10年で最多に

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   食卓をめぐる状況の混乱が続いている...。

   帝国データバンクの2023年5月9日に発表した「『上場主要外食100社』卵メニュー休止状況調査」と、5月10日に発表した「『酪農業』倒産動向」よると、鳥インフルエンザ感染拡大に起こった「エッグショック」による価格高騰が続くなか、生乳の生産を行う酪農家の2022年の倒産件数が過去10年で過去最高という事態が明らかになった。

   鶏卵の供給不安定による価格高騰に続いて、生乳や乳製品の値上がりにつながりかねない状況に、家計を支える人の頭も痛い。

  • 朝ごはんの定番メニューが供給不安定に…(写真はイメージです)
    朝ごはんの定番メニューが供給不安定に…(写真はイメージです)
  • 朝ごはんの定番メニューが供給不安定に…(写真はイメージです)

外食企業100社のうち卵メニュー休止・休売は28社でおよそ3割に

(帝国データバンクの作成)
(帝国データバンクの作成)

   鳥インフルエンザの感染拡大に伴う卵の供給不安定など「エッグショック」の影響がいまだに続いている。卵メニューの提供の休止は、主にファミリーレストランを中心にリーズナブルなフランチャイズチェーン店などに集中している。

   帝国データバンクの調査によると、上場する外食大手100社のうち、2023年に入って卵メニューの休止や休売に踏み切った、または表明した企業は5月8日時点で少なくとも29社に上ることがわかった。

   一方で、鶏卵メニューへの依存度が低い居酒屋などの業態では提供が続いているほか、同じ業態でも鶏卵メニューの値下げや販売拡大に踏み切るケースもある。

   帝国データバンクでは「鶏卵の調達ルートや在庫量、業態によって『エッグショック』の影響は二極化の傾向がみられる」としている。

(帝国データバンクの作成)
(帝国データバンクの作成)

   さらに、帝国データバンクでは「JA全農たまごによれば、4月の鶏卵1kg(東京Mサイズ)の卸売価格は350円で、前年同月から139円値上がりするなど高止まりが続いた。足元では供給不足や価格高騰の長期化を前提にした代替メニュー開発の動きも広がるほか、加工用殻付き卵の輸入も始まっており、外食産業の『エッグショック』への抵抗力は高まっていくと考えられる」と指摘している。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中