2024年 5月 23日 (木)

ストレスなく転職活動するには?...「順番」を変えるとうまくいく!

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   転職して、この春から新しい職場で働いている、という人も少なくないことだろう。日本では年間約800万人が転職を希望し、実際に転職するのは約300万人だという。残りの約500万人は、転職を希望しながら、転職をあきらめている。

   本書「ゼロストレス転職」(PHP研究所)は、順番を変えるだけで、転職活動はラクに勝てるノウハウを説いた本だ。「こうしなければ、転職できない」という思い込みを捨てると、転職は誰にでも出来ることがわかるだろう。

「ゼロストレス転職」(佐野創太著)PHP研究所

   著者の佐野創太さんは、慶応義塾大学法学部を卒業。2012年にパソナグループに入社し、転職エージェントとして従事。その後、介護離職をきっかけに日本初の退職学の研究家として独立。1200人以上のキャリア相談を有料で行い、「ワケあり人材」が一目置かれる人物として入社する「ゼロストレス転職」を開発。著書に「『会社辞めたい』ループから抜け出そう」がある。

転職活動で内定が出ない人の「思い込み」とは?

   内定が出ない人は、次のように転職活動するものだと思い込んでいるという。

・何十社も応募して数で勝負する
・誰にも負けない強み、すごい実績をひねり出す
・履歴書と職務経歴書だけで自分の魅力を伝え切る
・転職エージェントは、どんな求職者にも平等なパートナーである
・面接では、自信満々に話せるかどうかで合否が分かれる

   本書は、これらの思い込みを以下のように否定している。

・たくさん応募すると一社当たりに割く時間も労力も減ってしまい、かえって内定率が下がるので、数社に集中すべきである
・誰にも負けない「強み」や、すごい実績はいらない。必要なのは「再現性」である
・履歴書と職務経歴書以外にも、書類は提出していい。むしろ、「プラスアルファの資料」の提出が欠かせない
・転職エージェントは、どんな求職者も平等に扱うわけではない。「最高の求人を運んでもらう方法」を知っている人と、そうでない人の間で差がうまれる
・面接は、口がうまい人が勝つわけではない。「面接官を誘導する」「資料に語らせる」ことで、口下手でも内定はもらえる
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中