「物言う株主」と対立のセブン&アイHD、社長再任の「会社提案」で可決 だが、批判票は約3割...両社の駆け引きまだ続く?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   流通大手のセブン&アイ・ホールディングス(HD)の株主総会で、注目されていた会社側と米投資ファンドの攻防は、ひとまず会社側の勝利に終わった。とはいえ、経営陣への批判票はおおむね3割程度に達し、両者の駆け引きは今後も続きそうだ。

   流通大手のセブン&アイ・ホールディングス(HD)の株主総会で、注目されていた会社側と米投資ファンドの攻防は、ひとまず会社側の勝利に終わった。とはいえ、経営陣への批判票はおおむね3割程度に達し、両者の駆け引きは今後も続きそうだ。

  • セブン&アイHD、井坂社長らは続投に(写真はイメージ)
    セブン&アイHD、井坂社長らは続投に(写真はイメージ)
  • セブン&アイHD、井坂社長らは続投に(写真はイメージ)

バリューアクト、経営陣に事実上の退陣要求 結局、ファンド提案4人の候補者は否決

   2023年5月25日、東京都内の本店で開かれた株主総会の結果をまずみておこう。

   井阪隆一社長以下の経営陣は、井坂氏を含む取締役候補15人の選任を提案した。これに対し、経営方針をめぐる考え方の違いから、米投資ファンド、バリューアクト・キャピタルが、井阪氏らを外した14人の取締役選任案を提案した。つまり、井坂氏への事実上の退陣要求だ。

   それぞれの候補のうち、社外取締役を中心とする10人(既存の取締役)は共通しており、残る会社側5人、ファンド側4人の候補者の選任議案が最大の焦点になった。

   結果は、井坂氏ら再任2人、新任3人の会社提案の5人の選任を可決、ファンド提案の4人の選任は否決された。

   共通する10人は98%前後の賛成率で再任されたが、会社、ファンド提案の計9人の選任への賛成率は次の通りだった。

【会社提案】井坂氏=76.36%、後藤克弘氏=74.89%、米村敏朗氏=64.87%、和田真治氏=67.92%、八馬史尚氏=68.44%

【ファンド提案】名取勝也氏=34.13%、ディーン・ロジャーズ氏=33.53%、ロナルド・ギル氏=33.13%、ブリトニー・レビンソン氏=25.52%

姉妹サイト