2024年 6月 17日 (月)

就活生の91.1%は、企業のSNSアカウントを見たいし、求めている! 調べたい情報は何?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   これだけSNSが身近になった現在、イマドキの就活生はどれくらい、あるいは、どのように就活でSNSを活用しているのだろうか。

   採用に特化したSNSの運用代行サービス「エアリク」を運営するリソースクリエイション(東京都文京区)は2023年6月20日に、2024年卒就活生を対象にした「SNS就活についての実態調査」を発表した。

   同社の調査の切り口はユニークで、就活生たちに対して「就活を進めるうえで、企業のSNSアカウントは必要だと思うか?」という質問をしたところ、91.1%が「必要だ」と回答。

   理由は「社員の雰囲気が一番よく分かる媒体だから」、「(会社の)HPよりも気軽に情報を得ることができるから」で、イマドキの就活生が望むこのあたりの情報発信について、企業側も参考にしてはどうだろうか。

選考が進んだら重視したい...1位「社員の雰囲気」、2位「企業理念」、3位「福利厚生」

   この調査は2023年3月1日から5月31日まで、2024年卒の就活生559人を対象にWEB上でのアンケート調査を行ったものだ。

   同社によると、アフターコロナにより経済活動が回復している中、採用活動も活発化して、人手不足を訴える企業が増えているという。そのため、優秀な若い人材の確保に向けて、「企業間での競争が増し、選考の早期化に拍車がかかっている」(リソースクリエイション)状況だ。

   採用がなかなか厳しい昨今、採用対象であるデジタルネイティブ世代の特徴を把握するため、今回の実態調査をおこなったという。

(リソースクリエイションの作成)
(リソースクリエイションの作成)

   はじめに、「選考に進む上で、何を最重要視しますか?」と聞いた。その結果、最多は「社員の雰囲気」で「66.5%」となり、ほかの項目を大きく引き離した。

   次いで、「企業理念」(14.0%)、「福利厚生」(4.8%)、「年間休日数」(3.0%)、「給与」(2.5%)と、社風と労働条件が続くかたちとなった。

   同社では、「就活生の多くが入社後に一緒に働く『人』を気にしていることがうかがえます」とコメントしている。

(リソースクリエイションの作成)
(リソースクリエイションの作成)

   続いて、「就職活動を進める上で、企業のSNSアカウントは必要だと思いますか?」の質問では、「はい(必要)」が「91.1%」と大多数を占めた。「どちらでもない」は「8.4%」、「いいえ(必要ない)」は「0.5%」という結果が出た。

   回答者からは、「社員の雰囲気が一番よく分かる媒体だから」、「(会社の)HPよりも気軽に情報を得ることができるから」という意見が上がっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中